発表会・展覧会

 趣味が多様化している現在、ピアノやバレエ、日本舞踊などに限らず、陶芸や絵画などの発表会・展覧会に招待される機会も増えてきました。プロの人はもちろん、趣味でしていることでも、これまでの成果を多くの人たちに見てもらえるのは、とてもうれしいものです。招待を受けたら、できるだけ本番での活躍を見に行くようにするのが、なによりのお祝いとなるでしょう。
 また、ひとりでも多くの人に見てほしいでしょうから、同じような趣味に興味のある友人を誘っていくと喜ばれます。たとえ、なんらかの都合で招待に応じられない場合も、贈られた招待状を他の人に渡して見てもらうように努め、先方の好意をむだにしないようにしましょう。

スポンサーリンク

 お祝いは、開会の前に届くように気をつけます。楽屋見舞いとして、食べものやお酒をさし入れてもよいでしょう。なお、招待状ではなく入場券を購入して見に行く場合は、基本的にお祝いの必要はありません。
 招待状をいただいた場合は、入場料の額に相当する金額がお祝いの目安となります。発表会などで出費のかさむような場合は、現金も喜ばれます。フラワースタンドやアレンシメントを贈るときは、開会前に届くようにすると、入口や楽屋などを飾れます.贈り主がわかるように、必ずカードを添えましょう。ステージで渡すなら花束を。演奏などが終わってから手渡します。絵画や陶芸、手芸などの展覧会では、作品を買ってあげるのがいちばん喜ばれることかもしれません。
 子ども同士のおつきあいで招待された場合は、かわいい花束やハンカチ、ケーキなどを、ラッビングに工夫して贈りましょう。
 基本的にお返しは不要ですが、当日、時間があれば見に米ていただいた人に、お礼のあいさつを。忙しければ、後日、必ずお礼状を出すか電話でお礼を述べておきます。
 ただし、日本舞踊などでは、招待客に引き出物やお弁当を配る習慣があります。
 また、おけいこごとの発表会では、先生や師匠にお礼を包みます。金額については直接先生に間くか、先輩弟子などにたずねるとよいでしょう。その他、お囃子や舞台装置の裏方さん、世話になった先輩弟子などにご祝儀を包んだり、配り物をする場合もあります。
 お茶会に招かれた場合は、現金を包むか、お菓子などの手土産程度の品を持参します。
 現金を包む場合、体裁にこれといった決まりはありませんが、水引はかけないことが多いようです。のしはつけますが、あまり派手な体裁は避け、白封筒かお茶会用に市販されている袋を使いましょう。表書きは「御水屋見舞」あるいはあいさつ程度の「御茶筅」「松の葉」「花一重」などとします。
 服装は、基本的に和装ですが、洋装の場合は座ったときに膝から下が出ないような服装にします。アクセサリーは、器などを傷つけないように、茶席に入る前にはずしたほうが無難です。懐紙と扇子は、持参するようにします。なお、作法などがわからない場合は、率直にまわりの人に言って、教えてもらいましょう。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク