新築祝い

 家を新築することは人生の一大事業です。新築完成のあかつきには、披露の席を設けて、親しくしている人たちを招待しますが、周囲も心からの祝福を贈りたいものです。
 お祝いの品は、できれば先方の希望を聞いて贈ると喜ばれます。「○○を贈りたいのですが、お好きな色は」などとたずね、先方に色や形を選んでもらうのもよいでしょう。迷うときは、新居を拝見してから、その家のインテリアに合ったものを選んで贈ってもかまいません。

スポンサーリンク

 お祝いの品は、新居披露までには届くようにします。当日持参するのは、他の招待客の手前、できれば避けたいものです。当日になってしまった場合は、そっと渡す心づかいを。後日贈るときは、新築披露には手土産程度の品を持参し、「お祝いは後ほど改めまして」とひとこと断りましょう。
 お祝いの品は、スリッパたてやマガジンラックなどが多いようですが、だぶらないよう、前もって確かめたほうがよいでしょう。親や兄弟なら、調度品の一部を請け負う形でカーテンやじゆうたんなどを増るのも、その際、カタログで選んでもらうと、先方の希望も生かせます。観葉植物、かけ時計なども人気がありますが、なにかと物入りのときですから、現金やギフト券も重宝されます。金額の目安は、新築披露に招待された場合、友人知人なら1万円程度、親戚や目上にあたる人で2万円程度です。
 一方、招待されない場合は、友人・知人で5千円、親戚で1万円程度でしょう。
 新築後1〜2か月過ぎたころ、身内の人や親しい人を招待して、家を披露します。家の中を見てもらうのですから、日中の明るい時間帯に設定しましょう。もてなしは、軽い食事と飲みもの程度でかまいません。招待した方には、お返しは必要ありませんが、招待できなかった方へは、いただいた金品の半額程度の品をお返しします。
 ストーブやライター、灰皿など火に関係する品は、火事を連想することから、新築祝いにはタブーとされています。先方の希望がないかぎりは、避けたほうが無難です。
 地鎮祭は、建築を始める前に、その土地の神様を鎮め、守護を祈願する儀式で、神主にお祓いをしてもらいます。一般の家屋ですと、施工主と工事関係者のごく内輪で行いますが、たいていは、工務店などがとり仕切ってくれます。日どりは、大安、先勝、友引の日がよいとされています。神主へのお礼は、表書きを「神饌料」とし、白赤・蝶結びの祝儀袋に包みます。金額は1万〜3万円程度で、遠方から招いた場合は「御車代」として別に包みます。また、棟梁など工事関係者へは「御祝儀」「御酒肴料」としてご祝儀を渡します。
 基礎工事ができた後、棟木を上げる際に行います。「建前」「棟上げ」ともいい、今後の工事の無事を祈るとともに、工事関係者の労をねぎらう意味で酒宴を設けます。神主は招かず、棟梁が中心となって行うのが一般的ですから、工事関係者へのお礼も地鎮祭よりは上棟式のほうが、やや多めになるようです。ご祝儀は、棟梁に職人さんの分もまとめて渡し、分配してもらうとよいでしょう。最近では、その場で乾杯だけし、折り詰めと清酒の小びんを持ち帰ってもらうことが多いようです。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク