バレンタインデーの贈答

 2月14日は、聖バレンタインが殉教した日にちなみ、愛の日とされています。
 日本では、女性から好きな男性に愛を告白し、チョコレートをプレゼントする日として定着していますが、欧米では、女性も男性もそれぞれ意中の人にプレゼントを贈ります。愛の贈り物には、ハートがつきもの。もともと、古くから欧米では、好きな相手にハートをつけた手紙や、ハートをかたどったプレゼントを贈る習慣があったようです。
 最近では、若い女性を中心に、恋人や夫婦間に限らず、日ごろお世話になっている人に、お礼の気持ちをこめてプレゼントを贈るギフトチャンスとして広く普及しています。「義理チョコ」という言葉が生まれるほど儀礼的な贈り物も増えているようですから、ほんとうに大切な人には、いちばん先にあげるとか、グレードアップした品物にし、カードにも愛の言葉を添えて贈りましょう。

スポンサーリンク

 職場の上司や同僚などへ、日ごろの感謝の気持ちをこめて贈る場合は、500〜千円程度のチョコレートなどを。メッセージ付きチョコレートも各種市販されていますし、自筆でひとこと「いつもありがとうございます」などと書けば、心が伝わります。
 夫や恋人、ボーイフレンドなどに贈るなら、手づくりチョコにチャレンジしてみてはいかがでしょう。チョコレートと、本や花、身につける小物などを組み合わせて贈るのもよいでしょう。
 また、チョコレートにこだわらないで、日ごろ欲しがっていたものを贈るのも一案です。キーホルダー、マフラー、ネクタイ、手づくり風セーター、ブランデーなども喜ばれることでしょう。
 ラッビングも楽しいものを。ハート型のボックスに入れるとか、包み紙もハート模様を選ぶなど工夫してみます。楽しいアイデアのカードも、忘れず添えましょう。
 ホワイトデーはバレンタインデーの贈り物のお礼に、男性から女性ヘプレゼントを届ける日といわれていますが、これは日本の菓子業界が考案した日のようです。
 お返しの贈り物はキャンディーとされ、部下の女性へのお礼でしょうか、夫に代わり妻がキャンディーを買う姿もよく見かけます。
 恋人や妻へは、詩集や写真集、花束、アクセサリー入れなど、自分ではなかなか買えないものを贈っても喜ばれます。その他、透明のマニキュア、髪飾り、レースのハンカチーフ、スカーフ、ブレスレットなど、身につける小物も好評です。いずれにせよ、相手の趣味を考えて選びましょう。
 また、おしゃれなメッセージカードも添えましょう。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク