長寿祝いの贈答

 数えの61歳の還暦から長寿を祝いますが、高齢化の進む現代では、還暦といってもまだまだ現役で活躍している人も多いでしょう。年寄り扱いするのは気がひけるというのであれば、家族でお祝いの会食でもしながら、今後の抱負を語り合うのもよいでしょう。70歳の古稀や77歳の喜寿になると、いよいよ現役も引退し、長寿の祝いにふさわしい年齢になってきます。本人が感謝の気持ちをこめて、お世話になった人や親しい人を招く場合もありますし、家族や友人など周囲の人が祝いの席を設ける場合もあります。教え子たちが同窓会形式で恩師の長寿を祝うというのも喜ばれることでしょう。80気の傘寿以降は、本人の健康状態なども考慮し、まわりの人で祝ってあげるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

 昔は数え年でお祝いしましたが、現在では還暦以外は満年齢で祝うことが多くなっています。お祝いの席を設ける場合は、本人の健康状態も考えて、誕生日かそれ以前の都合のよい日を選びます。贈り物は、遅くともお祝いの日の前日までには届けます。とりたてて祝宴を設けない場合なら、誕生日か、年の始めに贈るとよいでしょう。
 還暦には赤いちゃんちゃんこを贈るといわれますが、現代ではこれにこだわらず、若々しい色や柄のセーターや帽子などのほか、旅行券や観劇券なども好評です,贈り物は、本人の趣味や嗜好に合った品を選びましょう。少しからだが弱ってきた人には、膝かけや部屋着、寝具も喜ばれます。
 贈るのは、品物に限りません。本人の健康状態が許すのならば、家族や友人たちとの旅行やゴルフコンペなどを企画してプレゼントすれば、楽しい思い出となります。
 金額の目安は、子どもからの場合は2万〜3万円、親戚からでは5千〜1万円ぐらいです。
 本人が感謝の会としてお祝いの席を設けた場合は引き出物として、また、お祝いをいただいた場合のお返しとして、花器やお盆、茶器やふくさなどを贈ることが多いようです。
 目上の人にぞうりや靴を贈るのは、「踏みつける」として嫌がる人もいますが、両親など気心のしれた人には、「ご健康をお祈りしてはきやすい靴を贈ります」などとひとこと添えて贈るとよいでしよう。
 なお、忌み言葉にも気を配りたいものです。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク