入園・入学祝いの贈答

 入園、入学というのは、子どもが新しい社会生活を始める節目となるできごとです。励ましをこめて、お祝いしてあげましょう。ごく内輪のお祝いごとですから、入学式当日などに、身内の者でお祝いの食事を囲みます。
 なお、同じような年ごろの子どもがいる家庭同士のおつきあいなら、「お互いさまだから」と話し合って、お祝いは手紙などで伝え、お金をかけない方法で行ってもさしつかえないでしょう。

スポンサーリンク

 入園先、入学先が決まったころから、入学式の1週間前ごろまでには贈るようにします。実用品であれば、早ければ早いほどよいでしょう。なお、大学受験の場合は浪人するということもあります。どこに入学するのか、知らせを待ってからお祝いするようにします。
 幼稚園や小学校に入学する際には、準備しなければならないものがずいぶんあります。贈り物が重ならないよう、前もって欲しい品をたずねておきましょう。いくつか希望の品を聞いたら、予算に応じて品物を選び、先方にも事前に知らせておくと、より親切です。
 お祝いの品は、学用品のほか、ハンカチやお弁当箱、レインコート、傘など日常使うものがよいでしょう。手さげ袋やお弁当袋、上ばき入れなど、手づくりの品をプレゼントするのも喜ばれます。知育玩具、スポーツ用具、絵本などのほか、文具券や図書券なども好評です。
 金額の目安としては、親戚なら5千〜1万円、友人・知人で3千〜5千円程度です。祖父母の場合は、入学式に着る洋服やランドセル、勉強机など少し値のはるものを、両親と相談して贈ります。相当額の現金でもかまいませんし、教育資金用に預金通帳を贈るのも記念になります。
 中学や高校、大学への入学祝いは、本人の希望を聞いてプレゼントしたいものです。スポーツ用品や趣味のもの、本などのほか、図書券や文具券などのギフト券類も、自分の好きなものが選べるので喜ばれます。音楽会や映画・芝居の招待券などや、腕時計や万年筆など、記念となる品もよいでしょう。大学に進学し、自炊生活を始めるような場合は、ひとり暮らし用の生活用品なども重宝します。
 基本的にお返しは不要ですが、お礼の気持ちはきちんと伝えたいものです。お祝いをいただいたら、すぐに電話でお礼を述べます。親同士のおつきあいで贈られた場合も、親だけでなく本人からも直接感謝の気持ちを伝えましょう。目上の人には電話でお礼を述べるのは失礼にあたりますので、カードでかまいませんから、お礼状を出すようにします。学齢前の子どもなら「ありがとう」のひとことでも、自筆を添えれば喜ばれます。
 お返しの品を贈る必要のある場合は、表書きを「内祝」とし、入学式からあまり日がたたないうちに届けましょう。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク