七五三の贈答

 七五三は、3歳、5歳、7歳の成長の節目を祝う行事です。現在では、女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳に祝うとされていますが、地域によっては、3歳だけや5歳だけというところもあります。また、従来は数え年で祝うしきたりでしたが、満年齢で行う場合も増えてきています。

スポンサーリンク

 衣装は、子どもの年齢にふさわしい、からだに合ったものを選びます。年々豪華になる傾向がみられますが、着物を買いそろえても、あとはお正月くらいしか着ませんから、成長の早い子どもにとっては、もったいないという意見も聞かれます。そのため、レンタルですませる人も増えてきているようです。
 従来は、双方の実家が費用を出し合って七五三を祝う姿もみられましたが、現在では、基本的に両親で祝う場合が多いようです。
 11月15日に晴れ着を着て神社に参拝するのが一般的ですが、その前後の日曜日でもかまわないでしょう。お祝いを贈るなら、やはり11月15日前にします。
 七五三は内々のお祝いごとですから、お祝いも家族の間で行います。身内でも、かなり親しい間柄でなければ、お祝いを贈る必要はないでしょう。
 お祝いの品を贈る場合、祖父母ならば両親に希望の品物などを聞き、ぞうりなど着物の付属品などを贈ると、晴れ着をそろえる一助となります。
 洋服やおもちや、絵本など子どものものも喜ばれます。現金を包んでもかまいませんが、図書券や文具券などのギフト券もよいでしょう。
 金額の目安としては、親しくしている親戚ならば、5千〜1、2万円、友人・知人で3千〜5千円、ご近所で2千〜3千円といったところでしょう。
 お祝いにはのし紙をかけ、表書きは「御祝」「七五三祝」とします。水引は蝶結びが正式です。現金の場合、「バッグ料」などと具体的に品物の名前を書いて包むこともあります。
 基本的にはお返しは必要ありませんが、身内の人なら、お官参りの後自宅でお祝いの席を設け、そこに招待するのもよいでしょう。
 近所にあいさつまわりする場合は、参拝後、子どもの年の数だけ入った千歳飴を持って伺います。お祝いをいただいた人にお礼の意を表したいときは、お赤飯や菓子折りなどを持参します。遠方の人へは、月末までに贈るようにし、子どもの写真やビデオを添えれば喜ばれます。
 神社でお祓いを受け、祝詞をあげてもらう場合には、お礼を包みます。表書きは「初穂料」、下には子どもの名前と年齢を書きます。
 料金が各段階別に明示してある神社もありますが、これは、おみやげの違いなどによるもののようです。兄弟などふたりいっしょのときは、ふたつ袋を用意するか、少し多めの金額を包みます。
 なお、神社ではなくお寺で行う場合、お礼は「御供物料」として包みます。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク