初節句の贈答

 初節句は赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句です。女の子なら3月3日の挑の節句、男の子なら5月5日の端午の節句に祝います。ただし、赤ちゃんが生まれてまだ間もないときは、1年延ばしてもかまいません。
 ひと昔前は、女の子なら母親の実家が内裏雛や雛人形セットを、親戚など周囲の者が藤娘などの人形や調度を贈りました。男の子の場合は、父方・母方どちらが何を贈るといったしきたりはありませんが、祖父母が鯉のぼりや武者人形を贈ることが多かったようです。しかし、現在では住宅事情などもありますし、贈るものが重ならないように、双方の祖父母が若い父母と相談して決めるのが一般的です。

スポンサーリンク

 初節句の祝いは、双方の祖父母や親しい人を招いて自宅でもてなします。また、神社に参拝し、祝詞をあげてもらう姿もみられます。
 祖父母が雛人形や武者人形などを贈る場合は、少なくとも1か月前には届くように手配します。というのも、初節句だけは、1か月前から飾るというしきたりがあるからです。ちなみに、毎年の節句では2週間ぐらい前から飾ります。
 それ以外のお人形やぬいぐるみなどのお祝いの品は、1週間前ごろまでには贈るようにします。なお、現金やギフト券を贈る場合は招かれた席で渡してもかまいません。
 現在では、住宅事情も考慮してか、ガラスケースに入った雛人形や武者人形なども増えています。また、一度にすべてをそろえて贈らなくとも、初節句は内裏雛、次の年は三人官女というように、少しずつ贈るのも、孫の成長を楽しみにしているようでほほえましく感じられます。あるいは、現金を贈り、父母の選択にまかせる方法もあります。
 親戚の場合は、人形やぬいぐるみ、おもちやなどを贈れば喜ばれます。金額は5千〜1万円前後が多いようです。
 友人、知人でお祝いの席に招かれた場合は、3千〜5千円程度の人形などを贈ります。
 仲人の場合は、1万円前後のおもちゃなどを贈ることもみられますが、本来は内々のお祝いごとですので、特別お祝いを贈らなくとも失礼にはなりません。
 現金を贈る場合には、「御玩具料」などと具体的な品物名を書いて贈ってもよいでしよう。
 桃の節句なら、ちらし寿司に蛤のお吸い物、端午の節句なら、ちまきに柏餅などを並べ、心のこもった手料理でもてなしたいものです。改まったお返しは不要ですが、近所なら「内祝」としてちらし寿司やお赤飯を届けることもあります。遠方の人には、雛人形の前で撮った子どもの写真などを同封してお礼状を出しましょう。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク