お宮参りの贈答

 お宮参りは、住んでいる土地の守り神である氏神様に、子どもが無事に生まれたことを報告し、今後の幸せと健康を願ってお参りをする行事です。男の子の場合は生後31日目、女の子の場合は33日目とされていますが、生後の1か月検診で医師から外出の許可を得た後、お天気のよい日を選んで参拝すればよいでしょう。

スポンサーリンク

 従来ですと、父方の祖母が赤ちゃんを抱いて参拝するしきたりでしたが、現代ではこれにこだわることはありません。むしろ、両親の手で抱いてお参りするのは、これから親としての責任を自覚するためにもよいことかもしれません。ていねいに行うなら、神社でお祓いを受け、祝詞をあげてもらいます。
 お宮参りの後は、お世話になった人や親戚などにあいさつまわりをしたものですが、まだ生後まもない赤ちゃんを巡れてまわるのも大変です。近ごろではお宮参りもごく内輪で行うようになっていますから、双方の祖父母などを自宅に招いて、祝いの席を囲んでもらうとよいでしょう。
 お宮参りの際には、男の赤ちゃんならのし目模様の着物を、女の子なら友禅などの祝い着をかけますが、白などのおしゃれなベビードレスを選ぶことも増えてきています。昔は、このお宮参りの祝い着は、母親の実家が贈ることになっていました。しかし、今では、祝い着はレンタルのものですますなど、お金のかけ方も違ってきています。若夫婦の希望に添うように、よく相談してみてください。
 祖父母がお祝いの気持ちを伝えたいなら、祝い着をそろえる一助にと、「御祝」として現金を贈ってもよいでしょう。あるいは、ベビーウエアやおもちゃを贈ったり、もてなしの席の酒肴料として相当額を包むこともあります。
 また、お宮参りは内輪のお祝いごとですから、親戚や友人たちがわざわざお祝いを贈ることはありませんが、お参り後、あいさつにみえた場合には、おもちゃ程度の金額を祝儀袋に入れて渡します。祝いの席に招かれた場合も、おもちゃやベビー服あるいは相当額の酒肴料を贈ればよいでしょう。
 神社でお祓いを受け、祝詞をあげてもらう場合は、社務所に申し出ます。近ごろでは料金を明示しているところもあり、3千〜5千円が一般的ですが、2万円程度までいろいろな段階を組んでいる神社もあります。奉書紙か半紙2枚で、右前になるように包み、「初穂料」「玉串料」などと記します。白い封筒か、白赤・蝶結びの祝儀袋でもかまいません。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク