出産祝いのお返し

 出産祝いのお返しは、表書きを「内祝」とし、下に赤ちゃんの名前を書きます。読みにくい名前の場合は、ふりがなをつけてもよいでしょう。水引は蝶結びにします。
 「内祝」というのは、本来、お世話になった人への喜びのおすそ分けという意味ですから、お祝いをいただいた、いただかないにかかわらず、近隣の人や知人にお赤飯や鰹節を広く配ることもあります。しかし現在では、お祝いのお返しを内祝いとするのが一般的になっているようです。

スポンサーリンク

 お返しは、生後1か月ごろのお宮参りの前後にします。近隣の人には、赤ちゃんを連れて持参すると喜ばれるでしょう。しかし、まだ赤ちゃん連れでは遠出も無理ですから、デパートなどから送ってもかまいません。このとき、まとめて配送を頼むことになりますから、事前に、お祝いをいただいた方の氏名、住所、電話番号、金額、品物などのリストを作っておくと便利です。また、お祝いをいただいたお礼と、赤ちゃんや家族の近況報告を書いたカードを添えます。別便にてお礼を送ったと手紙を書いてもよいでしょう。親しい人なら、赤ちゃんの写真も同封すれば、喜ばれます。
 昔は祝儀は倍返し、不祝儀は半返しといわれましたが、現在ではこれにこだわることなく、いただいたお祝いの半分から3分の1程度の金額の品物を、お返しとして贈ります。
 砂糖や鰹節、タオルのセットやせっけん、紅茶の詰め合わせなど日常使うものが多いようですが、インテリア小物や漆器、陶器なども使われます。現金は避けますが、図書券などはよいでしょう。先方の家族構成や嗜好を考えて選びましょう。
 医師や助産婦さん、看護婦さんには、退院の際に、必ずお礼のあいさつをします。あいさつだけでなく、難産などでとくにお世話になった場合には、感謝の気持ちを品物に託して贈りたいもの。ただし、一部の病産院では、金品のお礼は受け取らないというところもあります。無理に押しつけるように渡すのも先方には迷惑になる場合もありますから、入院している産婦さんたちに聞いてみるとよいでしょう。医師に贈るときは、回診のときなどに直接渡してもよいですし、総合病院なら医局に持っていってもかまわないでしょう。助産婦さんや看護婦さんには、退院の際、ナースステーションに届けます。
 お医者さんには、現金のほか、商品券やビール券などのギフト券が多いようです。1万〜2万円程度が目安でしょう。看護婦さんたちには、お菓子類のほか、おしゃれなハンカチなども喜ばれます。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク