出産祝い

 出産祝いというと、たいてい赤ちゃん用の品になりますが、お母さんやお父さんのものを贈ってもかまいません。たとえば、「よくがんばったね、おめでとう」という気持ちをこめて、お母さん本人になにか記念となるアクセサリーなどを贈るのも喜ばれることでしょう。
 また、品物を贈るだけがお祝いではありません。出産で入院している間、上の子どもを預かってあげるというお祝いの仕方もあります。

スポンサーリンク

 いずれにせよ、心から赤ちゃんの誕生を喜ぶ気持ちが伝われば、どのようなものでもお祝いといえるわけです。その意味でも、必ず手紙やカードでお枇いのメッセージは添えるようにしましょう。
 お祝いは持参するのが正式ですが、出産祝いの場合は、その限りではありません。先方は、出産という大仕事を終えたばかりの産婦さんですし、赤ちゃんもまだ新生児。とくに産後の1週間は、安静が大切ですので、家族以外の人が、病院にお見舞いに行くのは避けましょう。
 一般的に、お祝いを贈る時期は、母子が退院し、お七夜がすんだ後、お宮参りまでの間とされています。つまり、生後七日ぐらいから1か月の間になります,しかし、この時期はまだ母子ともに落ちつきませんので、親しい人以外は、デパートなどから送るほうが気がきいているかもしれません。自宅を訪れる場合も長居は控えましょう。
 なお、いつ誕生したのか知らず、しばらくして出産通知をいただいた場合は、受け取ってから2〜3週間以内に贈るようにします。
 お祝い品の額は、先方とのおつきあいの程度によりますが、親戚、兄弟・姉妹で1万〜2万円程度、仲人で1万円程度、友人・同僚・部下で3千〜5千円程度が目安でしょう。
 親しい間柄なら、欲しいものは何か間いてみましょう。数人で贈るのも、高額なお祝い品が可能になります。ベビーウエアなど、生後半年ぐらいのものが多いのですが、意外と喜ばれるのは、生後1年過ぎてから使えるものです。ギフト券や商品券も、好きなものを自分で選べるので好評です。
 現金で贈る場合は、「御祝」「御出産祝」「祝御安産」などの表書きとなりますが、買ってもらいたい品物を「毛布料」「おもちゃ料」などと表記して贈るのも気持ちが伝わります。また、祖父母など近親者なら、赤ちゃんの名前で預金通帳をつくり、印鑑とセットで届ければ、すてきな贈り物となるでしょう。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク