仲人からのお祝い

 結婚のお祝いは、新郎新婦ふたりの結婚を祝福する意味で、両人あてにひとつの金品を贈ればよいでしょう。
 その場合、仲人を頼まれたほうの家に届けるなど、親しい側に持参することが多いようです。あるいは、打ち合わせなどで新郎新婦と顔を合わせたときに、「略式ですが」と断ってお祝いを渡してもかまいません。ただし、ふたりともよく知っている場合には、両家それぞれにお祝いを届けることもあります。

スポンサーリンク

 お祝いを持参する場合、正式には、進物盆や折敷に贈り物をのせ、その上にふくさをかけて、さらに風呂敷で包んで持っていきます。
 贈る時期は遅くとも、挙式の1週間前までには贈りましょう。できれば、もう少し早めに届くようにします。
 お祝いを持参するときは、吉日の午前中に届けるものといわれていましたが、挙式前の多忙な時期ですし、これにこだわることはないでしょう。先方の都合のよい日を事前に間いて、訪ねるようにします。
 披露宴に夫婦で招待された場合、お祝いの金額のメドは5万円程度ですから、仲人もこれが目安となります。
 仲人をすること自体、お祝いのうちですし、引き受ければいろいろ費用もかかるものです。仲人ではなく来賓として招かれたらどれくらい包むのかを考え、それよりもやや上のせした程度でよいでしょう。
 お祝いは現金でもかまいませんが、なにか仲人として記念となるものも贈りたいものです。そこで、現金に品物を添えて贈ってもよいでしょう。
 贈る品物は、直接本人たちに希望を聞くのがいちばんですが、額入りの版画やリトグラフ、置時計や壁かけなども記念として残ります。また、新しい家庭にふさわしく、表札、印鑑などを贈るのもよいでしょう。
 なお、結婚祝いですから、包丁やハサミなど「切れる」ものや「壊れやすい」ものは避けましょう。ただし、料理の好きな人には、自分ではもったいなくて買えないような高価な包丁など、喜ばれることもあります。
 お祝い品は、奉書紙か檀紙で包んで水引をかけ、のしを添えて改まった体裁にしたいものです。家具などのように水引で飾れないもの、持参できないものの場合は、目録を手渡しましょう。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク