結婚祝い品

 結婚祝い品を贈る場合は奉書紙をかけて、白赤か金銀の水引を輪結びにし、のしを添えるのが正式です。表書きは「寿」か「御祝」が一般的。「祝御結婚」は、4文字なので嫌がる人もいますから、「祝」の文字を小さく書くか、「御結婚御祝」の5文字にするとよいでしょう。デパートなどから贈ってもらうときは、結婚祝いということをはっきり伝え、のし紙の水引が蝶結びになったりしないように気をつけます。

スポンサーリンク

 お祝い品は、披露宴の招待状をいただいてから挙式の1週間前までには贈ります。招待状が届かないうちに贈ると、招待を催促しているように受け取られかねません。披露宴に招かれていない場合も、挙式の1週間前までに、少なくとも荷送りの日までには贈るようにしましょう。
 間に合わなかったからといって、お祝い品を会場まで持参しても、先方の待ち帰る手間などを考えると、かえって迷惑になります。そんなときは、目録を贈るとよいでしょう。挙式当日に、「一、鏡台 一基」などと、贈る予定の品物名を書いた目録を渡し、品物は後日届けます。
 お金を贈りたい場合には、「鏡台料 金五万円」などと書いた目録を贈るのもよいでしょう。
 なお、挙式後に贈ることになってしまった場合は、あまり高額のものは避け、相手の負担にならないよう配慮しましょう。
 贈る品物の金額は、お祝い金の目安を参考にしてください。先方と親しい間柄なら、本人たちに欲しい品物をいくつか挙げてもらい、その中から予算に応じたものを贈れば喜ばれます。ひとりで贈るには高額な品物なら、何人か連名で贈ってもよいでしょう。希望の品を打診しにくければ、商品券を品物とみなして贈ってもさしつかえないでしょう。
 結婚祝いでは、「切る」「壊れる」といった言葉は忌み言葉になり、気にする人もいます。品物を選ぶときも、ハサミや包丁などの切る道具、あるいは壊れやすいものはタブーとされています。しかし実用的な品物ですし、先方が気にしない人たちならその旨をひとこと添えて贈ればよいでしょう。
 また、祝いごとに贈る品物の数は、奇数とされています。
 招待状の返信の書き方は、返信はがきの「御」「芳」「行」などの文字を消す場合、1字は斜め2本線で、2字以上はたて2本線で消します。あて名の「行」を消すとき、お祝いごとの場合は、2本線の代わりに「寿」の文字を重ねてもよいでしょう。ひとこと招待へのお礼と祝福の言葉も忘れずに。欠席の場合はその理由を書きますが、弔事や病気が理由のときは「やむをえない事情で」とだけ記し、喜びを損ねないよう配慮しましょう。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク