結納の取り交わし方

 結納の形 - 伝統を重んじた形ならば、両家がそれぞれ仲人を立て、結納をとり交わすことになります。また、仲人夫妻が両家を往復して結納を行う場合もあります。しかし最近では、両家が一同に会し、仲人の立会いで結納をとり交わすことが多くなっています。さらには、仲人も挙式当日だけお願いして、結納には両家だけが集まり、お互いの家族を紹介しあうという会食も兼ねたスタイルも増えています。

スポンサーリンク

 日どり - 挙式の3か月〜半年前ごろに行いますが、やはり大安や友引、先勝などのおめでたい日に行うことが多いようです。しかし最近では、関係者の都合を考慮し、土曜、日曜などの休日に行うこともみられます。時刻も午前中に限らず、会食も兼ねてお昼ごろの時間帯を選ぶ傾向にあります。
 場所 - 自宅を使う場合は、床の間のある部屋で行います。ホテル、レストラン、料亭、式場などで行うケースも増えています。
 服装 - 男性はダークスーツ、女性は振り袖や訪問着が多いようです。洋服ならドレッシーなものにします。略式の場合なら、男性は背広、女性も外出着程度でかまわないでしょう。
 費用の精算 - ホテルなどを利用する場合は、かかった費用すべてを両家で折半します。仲人が両家を往復する場合は、一方の家で祝い膳を用意し、もう一方では「御酒肴料」として現金か商品券を包みます。
 仲人へのお礼 - 仲人へのお礼は、挙式の後でまとめて包みます。
 なお、仲人への車代と手土産は、用意しておきましょう。
 結納の手順
 1. 男性女性両人から - 本日はお世話になります。よろしくお願いいたします。(一同、礼)
 2. 仲人あいさつ - このたびは、まことにおめでとうございます。略儀ながら、○○様、○○様のご結納のお取り次ぎをさせていただきます。(一同、礼)
 3. 仲人夫人が結納品を運ぶ - ○○様からの結納品でございます。どうぞ、幾久しくお納めください。(一同、礼)
 4. 女性が両親とともに目録に目を通す - ありがとうございます。幾久しくお受けいたします。
 5. 女性の父親か仲人へ受書を渡す - 受書でございます。幾久しくお納めください。(女性側のみ礼)
 6. 仲人は男性側へ受書を渡す - ○○様からの受書でございます。幾久しくお納めください。
 7. 男性側は受書に目を通し、元のとおりに包んで上座の脇に置く - ありがとうございます。(男性側のみ礼)
 なお、女性から男性へ結納を渡す場合は、3.〜7.を男女入れ替えてくり返す。
 8. 仲人あいさつ - これをもちまして、ご両家のご婚約は固く成立いたしました。まことにおめでとうございます。おふたりのご多幸をお祈り申し上げます。
 9. 男性側の父親が代表して仲人へお礼のあいさつ - ○○様ご夫妻のお骨折りによりまして、両人の婚約が成立いたしました。お世話になりまして、まことにありがとうございました。
 10. 男性女性両人から - お世話になりまして、ありがとうございました。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク