結納品と結納金

 結納は、日本に伝わる婚約の儀式で、長寿・幸福・繁栄などを表す祝儀物である結納品をとり交わします。
 最近では、本人たちや家族が一堂に会し、仲人の立ち会いのもとで結納を行うケースが増えてきています。

スポンサーリンク

 結納品は、デパートなどでセットー式が市販されています。品物は、3品、5品、7品に目録、熨斗がつき、5品、7品、9品セットと奇数でそろえます。たとえば9品セットですと、目録、長熨斗(あわびの熨斗)、金包(結納金)、末広(白い扇)、友志良賀(白麻糸)、子生婦(昆布)、寿留女(するめ)、松魚節(鰹節)、樽料(酒料)となります。
 結納金は男性から「御帯料」「御帯地料」「小袖料」などとして贈ります。婚約指輪を結納金の代わりとすることもありますが、婚約の記念品と結納金の両方を行うケースも多いようです。
 女性の側から結納金を納める場合は、「御袴料」「御袴地料」として贈ります。しかし最近では、女性からの結納金もしくは結納返しは、省略する傾向にあるようです。いずれにせよ、地域によって習慣が異なりますから、両家でよく打ち合わせておきましょう。
 結納金は、月収の3倍が目安とされています。区切りのよい50万円、100万円という人も多いようですが、本人の経済力に応じた金額でかまいません。また、結納金の半額程度を女性からの結納返しとする地域(関東式)もありますが、最近では、現金の交換は省略し、婚約記念品の交換ですますケース、あらかじめ半額をさし引いておいて結納返しは省くケースもみられます。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク