水引・のし・表書き

 水引は、古来、中国からの到来物に結んであった紅白の麻綱が、婚礼用の祝儀の酒樽に結ぶ麻やワラのしめ繩になり、今日の水引になったといわれています。

スポンサーリンク

 水引の色は、慶事には白赤、金銀など、弔事には白黒や双銀などを使います。また、本数も、慶事は奇数、弔事は偶数ですが、現代では、5本まとめて1本とみなし、2本を一対と考えて結婚には10本を用います。
 結び方は、結婚祝いや弔事、病気見舞いの場合、再びくり返さないようにという意味をこめて結び切りにします。ただし、結婚祝いは、結び切りの変形の輪結び、あわじ結びが、結納は老いの波がよく使われます。その他の慶事では、何度でもくり返してよいという意味で、蝶結びを用います。
 のしは、のしあわびが略されたものです。昔は、祝いごとの際には、海産物が供されましたが、後に、あわびに代表されるようになりました。実際、あわびの伸したものを包んでいたのですが、しだいに略され、紙で代用するようになりました。そこで、弔事の場合は、なまぐさを避ける意味で、のしはつけません。また、魚介類、卵、肉など生ものを贈るときも、のしは不要です。
 のしは、品物の右上に貼るか、水引とかけ紙の間にはさみます。最近では、のしや水引を印刷したのし紙を使うことが多いようですが、これはあくまで略式です。また、生ものを贈るような場合、のしが印刷されていないのし紙を選ぶよう注意しましょう。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク