贈答の目的

 贈り物は、喜びや悲しみ、あるいは日ごろの感謝の気持ちを託して贈るものです。大切なのは、贈る人の気持ちを相手に伝えること。そのためには、いくつか心がけたいことがあります。

スポンサーリンク

 まず、どういう目的で贈るのかということを考えてください。たとえば、誕生祝いなどプライベートなプレゼントと、結婚や葬儀などのようにしきたりを重んじる行事の贈答とでは、贈り方も贈るものもおのずと違ってくるでしょう。誕生祝いなら、かなりくだけた贈り方ができても、結婚や弔事となると、いくつかのタブーや注意したいことも出てきます。たとえ親しい仲でも、贈り方のルールはあるものです。目的に添った贈り物を心がけましょう。
 次に、贈るときには、必ずメッセージを添えることです。なんの言葉もなく、金品だけ贈ったのでは、こちらの心は届きません。かえって、義理で贈ったような印象すら与えかねないでしょう。また、言葉もなく贈られても、何に対する贈り物なのか、先方も困惑してしまいます。お祝いなら祝福の言葉を、お見舞いなら先方を思いやる言葉をひとことでも添えることで、贈り物に託した心を表すことができます。手紙やカードで、親しい間柄ならば電話でもかまいません。必ずメッセージを添えるようにしましょう。
 贈り物は、先方に喜んでもらえるものを選ぶことがなによりです。趣味や家族構成、年齢や住んでいる所などをよく考え、先方の身になって選びましょう。どれにしようかとあれこれ迷うこともあるでしょうが、それも贈る楽しさにつながると思います。義理で、何でもよいからと贈るより、「うれしい」という先方の喜ぶ顔を思い描いてあれこれ品選びをするほうが、ずっと楽しいでしょう。
 ただし、自分の趣味や好みを押しつけるのはいけません。ひとりよがりの贈り物をするよりは、親しい間柄ならば欲しいものは何か聞いてみるのもよいでしょう。
 贈るときには、先方との親しさの度合いや、自分の立場などを考慮することも大切です。たとえば、さほど親しくもない人の子どもに、高額の初節句祝いを贈っても、先方はかえって負担を感じてしまうでしょう。また、下着など直接肌につけるものを、男性から女性に贈るのは失礼にあたります。さらに、現金を贈るのも、経済的援助を意味するため、目上の人に贈るのは失礼とされていますから、ギフト券にするなど、形を変えて贈る配慮も必要です。ちなみに、商品券などのギフト券は、現金というよりも品物と考えてよいと思います。
 逆に、親しい間柄なら、労力の提供もひとつの贈り物と考えられます。引っ越しの手伝いや、出産のときに上の子を預かるなどといった手助けは、金品を贈られるより、先方にとってはずっとうれしいことかもしれません。
 冠婚葬祭に限らず、私たち日本人はお中元やお歳暮など折にふれて、贈り物を届ける習慣があります。最近では、誕生日や結婚記念日、バレンタインデーなど、プレゼントを贈るシーンも増えています。
 贈り物上手になって、おつきあい上手にもなりたいもの。そのためには、いつ、だれに、どのようなものを贈るのか、お返しも含めて、予定と予算を立てておくことも必要です。また、急な悲しみごとやお見舞いなどのための予算も、家計の中に組み込んでおきましょう。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク