団地・アパート生活

 気持ちよくつきあうには、近所づきあい同様、親しい中にも節度を保ち、お互いのプライバシーを守ることにあります。廊下や階段が共有なのでそこを利用する人どうしの生活はおよそ見当がつくものですが、こうした場合こそ「見て見ぬふり」といった態度が求められます。特に団地の鉄筋コンクリートの建物は左右の家とのつきあいのほかに、上下の家にも迷惑をかけないという心がけが必要です。

スポンサーリンク

 共有物の使い方。廊下、物干し場の利用。通路は広く使いやすいように、私物を置いたりしないこと。水などを流したりすると、徐々に水もれするようになるので、注意したいものです。非常階段なども、ふだん使わないからといって物を置いたりしては意味がありません。常夜燈の管理はだれがするかも話し合っておきます。
 掃除のしかた。踊り場、廊下など義務づけられていることは、掃除する人を雇ったりして、金銭的に解決してしまうのも一つの方法です。入を頼んでいないときには話し合いで順番にしたり、あるいは責任の範囲をはっきりさせておくこと。庭の草取りなどは前もって目を決めておき、全員で行なうことにします。
 ごみの処置。ダスト・シュートを使う場合はポリ袋に入れ、口もとを輸ゴムなどで止めてから投げ入れること。生ごみをそのままほうり込むことは、ゴキブリや悪臭発生の原因になります。ポリ、バケツに入れて出すごみは、大型のポリ袋がなければ新聞紙で、バケツの底や内側を包み、どみを捨てやすくすると同時に、バケツをなるべくよごさないように心がけます。
 ベランダの使い方。自分の住居ですから何をしても自由ですが、他の人の迷惑にならないように気をつけることが共同生活のエチケットです。洗濯場として使える設計でないときは排水に注意すること。長い間には下の階に水がもれて迷惑をかけることがあります。特に上の階にいる人は、布団を干したり、しずくのたれる洗たく物を干すときは、階下に迷惑にならないよう配慮することがたいせつです。
 そのほかベランダからはみ出して植木ばちを置いたり、ごみをためておいたりすることのないように注意したいものです。
 共同生活でのマナー。騒音を立てないこと。ラジオやテレビなどの音は同じ棟より、前後の練のほうに被害があります。ラジオ・テレビ・ステレオは音量を調節し、楽器・声楽などの練習はなるべく日中に。子どものレッスン程度はともかくとして、専門家を目ざして勉強しているという場合は壁に防音装置を忘れてはなりません。
 トイレや、バスの流水も夜中は騒音です。おふろを使う時間も近所に迷惑になる時間は避け、ドアの開閉、家具の移動、物を床におろすときなどは静かにするなどの心づかいが必要です。
 階段・廊下の歩き方、階段をげたばきで上り降りしたり、夜中に大声でしゃべりながら通ることは避け、静かに歩くようにしたいものです。
 注意するときの心得。いろいろな迷惑を感じたとき、私たちはこうしたことをはっきり注意しないでがまんし、陰でこそこそ言ったり、感情的なもやもやを持ってしまうことが多いようです。
 しかし気がつかずに人に迷惑をかけている人も多いもの。そういうときはさりげなく「こういう建物は音がよく伝わって、ご病人のいる家から苦情を持ち込まれたケースがあるのですよ。げたとかハイヒールがきらわれますの」などと一般論として注意するのもよいし、だれか第三者に迷惑の実情を話して、先方に伝えてもらうこともよいでしょう。
 やむを得ず直接注意するときは感情的にならないように「お気づきではないでしょうが」と話し合ってみるという態度がたいせつです。
 注意されたとき、お互いにこれからも迷惑をかけないように話し合うといった態度がたいせつです。相手の言い分をよく聞いて納得できるまで話し、あとに感情的なしこりを残さないようにしたいものです。

冠婚葬祭
正月を迎える準備/ 正月の飾り付け/ 正月の料理/ 正月の訪問と来客/ お年玉のあげ方/ ひな祭り/ 端午の節句/ 七五三の意味と祝い方/ クリスマスの意味と祝い方/ 誕生の祝い/ 入学祝い/ 卒業・就職の祝い/ 賀寿の祝い/ 贈答品の届け方/ 各種の贈答品の贈り方/ 贈答品を受ける/ お中元・お歳暮の由来・異議/ 贈り物のエチケット/ 各種のお礼・月謝など/ お祝い金・香典の出し方/ 病気の見舞いのタイミングと方法/ 病気見舞いの品の選び方/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 訪問のあいさつ/ 訪問を快くすませるために/ 来客に楽しく過ごしてもらうために/ 来客のもてなし方/ 紹介の仕方/ 紹介状のつくり方/ 名刺の使い方/ 近所づきあい/ 団地・アパート生活/ パーティーを開くとき/ パーティーに招かれたとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク