名刺の使い方

 名刺受け渡しのマナー。名刺を乱用しない。仕事の場合は別として個人的に紹介されたときは将来交際したり、連絡を必要とする相手なら、名刺を差し出します。単に紹介されたからといって、自分の名刺を差し出す必要はありません。また、名刺を求められても、好ましくない相手の場合には断わってかまいません。ただし、このようなときには、持ち合わせていないことにしてわびます。社交的な集まりで紹介されたときには初対面のあいさつだけで、名刺は出しません。

スポンサーリンク

 名刺を求める場合。有名人は自分の名刺を利用されることもあって出すのを好まないものです。ぜひと思うときは「お目にかかった記念にお名刺をいただきたいのですがいかがでしょうか」と頼んでみます。男性が女性の名刺を求めるということは社交上失礼にあたります。女性から男性に求めるのは仕事以外では避けたほうが無難。
 名刺の受け渡し。年少者または目下の者が目上へ、右手に名刺を持って相手が見やすいようにして差し出します。相手の名刺を受けるときは、両手で受け取り、名まえと会社名などに目を通してからしまいます。このとき読みにくい字、わからない読み方は、たとえば「井上磨沙さんとお呼びしてよいのですか」と確かめておくこと。出された名刺を机の上に出したままにしておくのは失礼にあたります。また、よごれた名刺を人に渡したり、いつまでも捜しているのも相手に対して失礼ですから必要に応じていつでも出せるように。
 名刺を持ち合わせていないときには、「あいにく持ち合わせていませんので失礼いたします」とわびてから自己紹介をします。
 職業上の名刺と個人用の名刺。ふつうにみかける名刺は会社員やセールスマンが使う社名入りのものですが、名刺に職業を印刷してあるものは使用範囲はビジネスに関係する範囲まで。会社の肩書き付きのものを個人的なパーティーの席で振り回すのは好ましくありません。便利さを中心に考えても個人の名刺は住所といっしょに勤務先の会社名と所在地を小さく加える程度のものを使うようにしたいものです。
 慶弔のときに使う名刺。会社のものを使うか、個人のものを使うかは、そのときの自分の立場を考えて使い分けます。慶事の場合は「おめでとうございます」、弔事の場合には「謹んでお侮やみ申し上げます」などと右肩に書いて受付に出します。
 贈り物に添えるとき。公務用、私用の区別をはっきりつけます。のし紙を使った包装の場合、先方の名まえを書くときはのし紙の上部、右か左のどちらかにはり、贈り主の名まえを書くかわりに名刺を使うときは、のし紙の下部にはります。日本式の紅白の水引きをかけず、外国風にリボンをかけたときには個人用の名刺に祝いや見舞いのことばなど、そのときに応じた短いあいさつのことばを書き込みます。ふつう右側のあいている所にあいさつのことば、左側上に先方の名を書き、贈り物につけますが、このとき、のりづけせず名刺を白封筒にいれ、セロハンテープではりつけます。
 主婦が名まえと住所、電話番号だけを書き入れた小型のものを使う場合も最近よく見られるようになりました。色刷りにしたり、横書きにしたり、一枚の小さな紙に個性を盛り込むために、苦心の跡がみられるものですが、家庭の主婦が使うものは、強い印象を与えることにポイントを置くよりも、品のよい名刺を持つようにしたいものです。
 ビジネスで使う名刺。会社の指定に従えばよいのです。男性と同じスタイルで、サイズだけ小さくする場合もあります。四角を丸くしたのは正式には避けます。
 家庭婦人が使う名刺。あまり小さすぎると、受け取った人が整理に困るということもあるので、ふつうサイズのものより一回り小さい程度が無難です。ビジネス用でないので紙質を吟味したり、字体に変化を与えて個性を表現することができます。
 主婦が夫の名刺を使うとき。ごくふつうに考えられるのは慶弔の席に、夫の代理人として出席する場合です。たいていは夫個人の名刺を使い、名まえの下に「内」または「妻」の文字を書き添えておき、妻の名まえは書かないのがふつうです。
 夫の代理で会社の上役に年始のあいさつに伺うときは、夫の会社名入りの名刺を使いますが、妻が上役の奥さんと個人的に交際しているときは夫の個人用名刺か妻自身のものを使います。

冠婚葬祭
正月を迎える準備/ 正月の飾り付け/ 正月の料理/ 正月の訪問と来客/ お年玉のあげ方/ ひな祭り/ 端午の節句/ 七五三の意味と祝い方/ クリスマスの意味と祝い方/ 誕生の祝い/ 入学祝い/ 卒業・就職の祝い/ 賀寿の祝い/ 贈答品の届け方/ 各種の贈答品の贈り方/ 贈答品を受ける/ お中元・お歳暮の由来・異議/ 贈り物のエチケット/ 各種のお礼・月謝など/ お祝い金・香典の出し方/ 病気の見舞いのタイミングと方法/ 病気見舞いの品の選び方/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 訪問のあいさつ/ 訪問を快くすませるために/ 来客に楽しく過ごしてもらうために/ 来客のもてなし方/ 紹介の仕方/ 紹介状のつくり方/ 名刺の使い方/ 近所づきあい/ 団地・アパート生活/ パーティーを開くとき/ パーティーに招かれたとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク