災害見舞い

 災害を知ったら災害の情況を確認する。火事、水害、地震、交通災害など、いろいろな場合が考えられますが、ラジオ、テレビ、新聞などで、どんな状態に置かれているかを知るのがまず先決です。
 事情を知っていそうな人に問い合わせてみたり、近距離の場合なら、直接出かけてみるなど、積極的にお見舞いの気持ちを表わすことです。

スポンサーリンク

 直接知らせを受けたとき、できるだけ詳しく現在の情況を聞き出すことがたいせつです。特に家族の安否を確かめるのを忘れずに。また、今困っていることはないか、食料、飲み水、衣類、赤ちゃんのミルクや衛生用品は確保してあるか、どういった手前けが必要かといったことは、こちらから切り出すこと。
 近くにいて、駆けつけるとき、働きやすい服装で出かけます。だいたいの様子はわかっているはずなので、家を失ったというときは、冬ならば毛布、暖かいお茶を入れた魔法びんとおにぎり、とりあえずの衣類、幼い子どもや赤ちゃんのための寝具の用意、場合によってはわが家に預かる準備も必要です。
 現金の見舞いもよい。現金は、たとえ目上の人であろうと、こういう場合のいちばんよい見舞いです。これは見舞いというよりも、当座の不便をお金で解決するための手伝いですから「万一、お手元に現金がないといけないと思って、手持ちのものを用意してきました。どうぞご利用ください」といって差し出します。この場合、中包みをして封筒などに入れます。表には相手の名まえを、裏には自分の氏名と金額を記入しておくとよいでしょう。その場で現金を見舞いとして贈ってもかまいません。
 遠方の場合、電話が通じればよいのですが、そうもいかないときは、電報を打って、とりあえず必要と思われる品々を送ります。
 しかし、大規模な災害の場合は、こうした連結さえもとれなくなってしまいます。そうした場合は、国や自治体が直接の救援活動に当たってくれるので、ニュースに注意を払いながら復旧を待ち、日赤や、新聞社などの義援金の呼びかけに応じるのもよいでしょう。もし歩いて行かれる程度の距離ならば、出向いて安否を確かめてあげることが何よりの見舞いですし、その後の見舞い品に何が必要か、手伝いはどんなことが必要かということもわかるでしょう。
 見舞わないほうがよいとき 事故や災害にあっても、警察の事情聴取があったりして、落ち着いていられないときは、見舞い客は、かえってじゃまになります。また事故を起こした家の人に、原因をせんさくしたりするのも遠慮したいものです。
 現品を贈るときは ひどい古着や廃品は、もらってもかえって迷惑するもの。古物でも役にたつものを、きれいに手入れして、タオルなりくつ下なり一、二品は新品を添えて贈るのがほんとうのお見舞いです。
 火事見舞い。保険制度の発達していなかった昔は、災相互扶助でもありました。特に一物も残さずに灰になってしまう火事が、いちばん恐れられたために、火事の見舞いが重視されるわけです。
 まず、駆けつける。知人が住んでいるあたりが火事らしい、といううわさや、その方角に煙を見たならば、身軽な服装で駆けつけ、無事であることがわかっても一応声をかけてから帰ります。
 駆けつけてから、老人、子どもがいれば安全な場所に避難するように手助けし、できれば家財の持ち出しも手伝います。しかし、新建材を使った建物は、炎よりも煙に巻かれることが多いので注意すること。
 火事の見舞い品。たとえば台所を焼いたというボヤ程度のときは、そのあたりが踏み荒らされていることでしょうから、当座はお茶のはいったポットとおにぎり、クラッカーなど。品物で贈るときは台所用品なら重宝します。全焼の場合は、生活に役だつものなら何でもよいわけですが、シーツ、枕カバー、寝間着、主婦には掃除道具などが喜ばれます。水をかけられた程度のときは、近火見舞いに出向いて、「たいへんでしたね、でもご無事で何よりでした」とあいさつだけでもよいでしょう。
 なお、見舞いに対するお返しは特に必要ないとされています。ただし、生活が落ちついたら、はがきや手紙で感謝の気持ちと現況を報告して、安心してもらいましょう。

冠婚葬祭
正月を迎える準備/ 正月の飾り付け/ 正月の料理/ 正月の訪問と来客/ お年玉のあげ方/ ひな祭り/ 端午の節句/ 七五三の意味と祝い方/ クリスマスの意味と祝い方/ 誕生の祝い/ 入学祝い/ 卒業・就職の祝い/ 賀寿の祝い/ 贈答品の届け方/ 各種の贈答品の贈り方/ 贈答品を受ける/ お中元・お歳暮の由来・異議/ 贈り物のエチケット/ 各種のお礼・月謝など/ お祝い金・香典の出し方/ 病気の見舞いのタイミングと方法/ 病気見舞いの品の選び方/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 訪問のあいさつ/ 訪問を快くすませるために/ 来客に楽しく過ごしてもらうために/ 来客のもてなし方/ 紹介の仕方/ 紹介状のつくり方/ 名刺の使い方/ 近所づきあい/ 団地・アパート生活/ パーティーを開くとき/ パーティーに招かれたとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク