各種のお礼・月謝など

 月々おさめるおけいこごとのお礼は、半紙でもよいですから、包んで「御礼」「薄謝」「寸志」などの表書きを記し、その下に姓名を書くほうがていねいです。たたみじわのない紙幣と、おつりをもらわないように準備することは忘れてはなりません。決まった月謝などは、白封筒を用いることもすっきりしています。また、中元や歳暮には、月謝を払っている場合には少なくとも半月分、ふつうは一か月分を贈ります。適当な品物でもさしつかえありません。

スポンサーリンク

 家庭教師などには現金は半紙に包むか、または白封筒に入れて。特に期日を厳守することと子どもの前で渡さないことが大事。
 お手伝いさんなどには、使っている、給料をあげるという態度は慎しみ、さり気なく手渡すほうがよいでしょう。現金はやはり半紙に包むか、手持ちの白い封筒に「お礼」などと書いて渡します。盆・暮れにはやさしい心づかいによるなんらかのプレゼントを忘れないようにしたいもの。お誕生日なども忘れずに。
 パートタイマーなどは初めの契約をはっきり決め、時間やお礼のことも十分話し合っておくことが必要です。支払いの方法令期日をはっきりさせ、約束どおりに支払いをすることが長く続けて来てもらうためのコツ。家事的な手伝いをしてもらう場合には、お金以外のお礼もときには必要で、地方からの送り物をお裾分けしたり、盆・暮れには何か身に着ける物などを贈ることもよいでしょう。
 下宿代やアパートの場合、たいていは支払いを証明するための手帳を用意してあるので、この手帳を添えて、期日までに家主に届けます。この場合は特に包む必要はありませんが、人に頼むときは、封筒などに入れ、なるべくおつりがないようにして、「○月分下宿代 金○○円在中」と書いて封をするとよいでしょう。支払ったならば家主に受領年月日をはっきりとノートに記入してもらい、確認の意味で認め印を押してもらいます。こうした事務手続きはいつでもはっきりさせておいたほうがよいのです。

冠婚葬祭
正月を迎える準備/ 正月の飾り付け/ 正月の料理/ 正月の訪問と来客/ お年玉のあげ方/ ひな祭り/ 端午の節句/ 七五三の意味と祝い方/ クリスマスの意味と祝い方/ 誕生の祝い/ 入学祝い/ 卒業・就職の祝い/ 賀寿の祝い/ 贈答品の届け方/ 各種の贈答品の贈り方/ 贈答品を受ける/ お中元・お歳暮の由来・異議/ 贈り物のエチケット/ 各種のお礼・月謝など/ お祝い金・香典の出し方/ 病気の見舞いのタイミングと方法/ 病気見舞いの品の選び方/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 訪問のあいさつ/ 訪問を快くすませるために/ 来客に楽しく過ごしてもらうために/ 来客のもてなし方/ 紹介の仕方/ 紹介状のつくり方/ 名刺の使い方/ 近所づきあい/ 団地・アパート生活/ パーティーを開くとき/ パーティーに招かれたとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク