各種の贈答品の贈り方

 結婚祝いなどに、何人かが集まって一つの品物を贈るときは、のし紙の上段中央に「御祝」などと書か、下段中央か、左寄りから姓名を書いていきます。右側が上位になるからです。代表者の名まえを書き、その左下にやや小さく「外一同」と書きます。なお、多人数の場合で、全員の名を記入したいときには、のし紙に書かないで、奉書紙か半紙に書いて包みの中に入れます。贈る相手の名まえは書かないのが通例です。

スポンサーリンク

 贈る物の数が多い場合や、大きな品物の場合、公的な場所へ贈る場合などに目録を使います。ていねいな贈り方をするのに使うのですが、一般には、婚礼とか、記念品贈呈などに限られていて、ふつうの贈答のときには使いません。
 招待券を贈る場合は席のよい場所を選んで切符を購入し、金額の部分をていねいに消して贈ります。切符は、白封筒に入れ、「ご招待」と上書きします。招待券を贈るときは、二枚を最低とし、先方が独身者でも二枚贈るのが礼儀です。
 現金・商品券のときは目上の人に対してはなるべく避けたほうが無難ですが、いちばん重宝されます。
 現金を贈る場合は、なるべく新しいお札にします。郵送の場合は、封筒にじかに入れずに、のし袋などに入れてから封筒に入れて送ります。
 商品券はデパートその他商店などで発行しています。贈る場合には一割前後の税金がかかります。のし紙をかけ、注文により特に桐の箱に入れたりします。
 お裾分けをする場合、お裾分けは、贈る側からはお福分けということばを使います。ごく親しい人に限られますが、たとえば「食べてみたら、たいへんおいしかったので」などと、思ったままの心を伝えます。
 手製の物を贈る場合、あまり自慢するのはいやみなもの。また、押し付けがましいのも、いただいたほうでかえって迷惑ですから、あっさり贈る心を伝えましょう。

冠婚葬祭
正月を迎える準備/ 正月の飾り付け/ 正月の料理/ 正月の訪問と来客/ お年玉のあげ方/ ひな祭り/ 端午の節句/ 七五三の意味と祝い方/ クリスマスの意味と祝い方/ 誕生の祝い/ 入学祝い/ 卒業・就職の祝い/ 賀寿の祝い/ 贈答品の届け方/ 各種の贈答品の贈り方/ 贈答品を受ける/ お中元・お歳暮の由来・異議/ 贈り物のエチケット/ 各種のお礼・月謝など/ お祝い金・香典の出し方/ 病気の見舞いのタイミングと方法/ 病気見舞いの品の選び方/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 訪問のあいさつ/ 訪問を快くすませるために/ 来客に楽しく過ごしてもらうために/ 来客のもてなし方/ 紹介の仕方/ 紹介状のつくり方/ 名刺の使い方/ 近所づきあい/ 団地・アパート生活/ パーティーを開くとき/ パーティーに招かれたとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク