賀寿の祝い

 「還暦」「古稀」などの長寿を祝う習慣は古くから現在まで変わらずに続いて祝われています。いずれの場合も、長寿そのものを祝うべきであった室町時代末の習慣が受け継がれていて、その人の長寿をともに喜び、さらに長く元気でいてほしいという願いをこめたものです。しかし、年寄り扱いされることを喜ばない人もいるので、賀寿の祝いは、長寿を喜ぶという伝統をふまえながらも、中身は少しずつ現代にマッチするように変えていく必要があるわけです。

スポンサーリンク

 長寿の祝いには次のものがあります。
 還暦六十歳のお祝い。本卦還りといって、暦の干支が六〇年で生まれた年の干支にもどることからこの名がいわれます。
 還暦祝いには、昔から、赤ちゃんに還るという意味と、赤は鬼よけの色ということから、赤いちゃんちゃんこ、赤いずきん、赤い座ぶとんなど、赤い色の物を贈るしきたりがあります。しかし、現代の六十歳はまだ働き盛り。年齢を意識させられるのはえっていやなもの。ますます活躍していただきたいといった気持ちを表わす演出がほしく、たとえば赤いしゃれたチョッキにするとか、まっかなセーターを贈るとか、ゴルフ好きには赤い配色の帽子をといったしゃれが喜ばれるでしょう。
 古稀は七十戒のお祝い。唐の詩人社甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。昔は短命な人が多く、七十歳まで長寿を保つのほほんとうに古来まれであったのですが、今日では決してまれなものではなくなっています。老人として遇してよいのはこの祝いからでしょう。
 喜寿は七十七歳のお祝い。喜の字を略すと「七七七」となり、七が重なるので七十七歳のお祝いをいいます。
 傘寿は八十歳のお祝い。傘の略字「仐」が八十に見えるところからこの名がついたものです。
 米寿は八十八歳のお祝い。「米」の字がハ・十・八からできているところから米寿となり、「米の祝い」ともいわれます。
 卒寿とは「卒の祝い」ともいい、九十歳のお祝いです。「卒」の俗字「卆」が九十と読めるところからこの名が出ています。
 白寿は「白字の祝い」ともいい、九十九歳のお祝いです。百の字から一の字をとると、「白」となり、また百から一を引くと九十九になるところからきています。
 長寿の祝いのしかた
 最近は満年齢で行なう。長寿の祝いは昔は数え年で行なっていましたが、今では満で行なう人が多くなっています。祝いは昔は節句などにしましたが、今は誕生日や父の日、敬老の日などにしています。
 お祝いは本人の意志を尊重。子どもや孫が集まって賀寿の祝いをしてあげる場合には、できるだけ近親が集まって本人を囲み、友人などを招き、贈り物をして祝いますが、さらに長く元気でという思いをこめて、生活環境に合った、その年の賀にふさわしいお祝いをしてあげましょう。
 ただし、お祝いのしかたは本人の意志を聞いてからにします。目だったお祝いをきらうお年寄りに対しては、好きなことをさせてあげるとか温泉に連れて行ってあげるとかしてお祝いの気持ちを伝えましょう。
 贈り物をするとき、何を贈るか。決まりはありません。お年寄りが日ごろほしがっている物、趣味の品、あると便利な小道具、あるいは軽い毛布のような物でもよいでしょう。ご夫婦健在の場合ならば夫婦茶碗、対の座ぶとんなども。収入のない老人には現金がいちばんです。ほしい物が買え、孫たちに何か買って与える楽しみもあります。なお、つれづれを慰める意味で小鳥や金魚、はち植えなどを贈る場合には、その世話をだれがするのかを考えることも必要です。
 いつ贈るか。贈り物は、前日までに届くようにします。しかし、喜びは早くからわかち合うという意味でも、誕生日というよりも、早めに手配したほうが長く喜んでいただけるでしょう。ただし、鮮魚などの場合は、当日料理していただけるように前日にします。遅れた場合でも、長寿の祝いはその年一年間おめでたいのですから、お祝い状を添えて贈れば失礼ではありません。お祝い品に、紅白の水引きをかけ、中央上部に「還暦御祝」とか「古稀御祝」と書き、その下に自分の名まえを書きます。
 お返しはお赤飯、紅白のもち、紅で「寿」と書いたおまんじゅうなどを配ります。また本人の書いた色紙や短冊、ふくさ、漆器類などを記念に贈ることもあります。

冠婚葬祭
正月を迎える準備/ 正月の飾り付け/ 正月の料理/ 正月の訪問と来客/ お年玉のあげ方/ ひな祭り/ 端午の節句/ 七五三の意味と祝い方/ クリスマスの意味と祝い方/ 誕生の祝い/ 入学祝い/ 卒業・就職の祝い/ 賀寿の祝い/ 贈答品の届け方/ 各種の贈答品の贈り方/ 贈答品を受ける/ お中元・お歳暮の由来・異議/ 贈り物のエチケット/ 各種のお礼・月謝など/ お祝い金・香典の出し方/ 病気の見舞いのタイミングと方法/ 病気見舞いの品の選び方/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 訪問のあいさつ/ 訪問を快くすませるために/ 来客に楽しく過ごしてもらうために/ 来客のもてなし方/ 紹介の仕方/ 紹介状のつくり方/ 名刺の使い方/ 近所づきあい/ 団地・アパート生活/ パーティーを開くとき/ パーティーに招かれたとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク