媒酌人や家族の装い

 媒酌人の装いは洋服ならモーニング、和服なら五つ紋つきの羽織はかま姿が一般的な正装です。モーニングは昼間の礼装で、夕方からはえんび服が礼装というのが正式ですが、日本ではモーニングが昼夜を通じての礼装と考えられています。

スポンサーリンク

 媒酌人夫人の装いは、きものの場合、黒地五つ紋で江戸つま模様の留め袖が最も一般的であり、第一礼装です。留め袖には白羽二重の下着を重ねて着ますが、現在では比翼仕立てといって、えり、袖口、ふり、すぞなど見えるところに白羽二重をぬいつけて、重ね着しているように見せる仕立てのものを着ることが多くなりました。
 その他小物類をあげてみますと、
 ・ 長じゅばん
 白の羽二重か紋りんず、半えりは白の塩瀬。
 ・ 帯
 金や銀のはいった丸帯か袋帯。
 ・ 帯あげ
 白のりんずやしぼり。
 ・ 帯締め
 白の丸ぐけ、金や銀の平打ちでも正装用ですが、媒酌人は白の丸ぐけのほうがよいでしょう。
 ・ ぞうり 正装には、佐賀錦やつづれなど布製のものがよく使われますが、金や銀のエナメルのぞうりでもよいのです。ハンドバッグとおそろいにする人が多いようです。
 ・ ハンドバック
 布、ビーズ、エナメルなどのかかえ型。
 以上の小物のほか、黒骨のふさのない扇子を帯の間にさします。ハンカチやちり紙なども十分用意して、花嫁にも役だつように心がけましょう。
 洋服の場合は和服は昔からのしきたりが決まっているので、割合楽なのですが、洋服となるとかえってむずかしいという人が多いようです。カクテル・アフタヌーンドレス程度で、ワンピース、ツーピースどちらでもよいのですが、ドレッシイな型にします。生地は、絹、レース、ベルベットなどで、色は、黒、紺が多いようですが白以外の上品な色なら自由でかまいません。
 ・ 帽子
 かぶらなくてもよいのですが、教会の場合は必要です。ドレスの色に合ったカクテルハット、チュールハット、シニヨンなど目立たないものにします。
 ・ 手袋
 ドレスと共布が最も正式ですが、白のカシミヤ、キッド、スエード、サテンなどで十分です。袖口と手袋の間からはだが見えないよう、ドレスの袖だけに合わせて五分か七分の長さにします。
 ・ くつ
 ドレスと共布が最も正式ですが、布製でなくても、スエード、牛皮など皮製でもかまいません。ヒールの高いバンプス型で色は黒またはドレスに合わせて。
 ・ ハンドバック
 布、ビーズ、エナメル、スエードなどの小型のセカンドバック。くつとの調和がたいせつです。
 ・ アクセサリー
 正式には真珠がよいのですがあまりつけすぎないこと。胸もとにらんのコサージなどつけると、一層格がでます。しかし、花嫁よりはなやかにならないよう注意します。腕時計は正式な場所ではつけないようにします。
 両親の装い
 父親はモーニングか紋つき羽織はかま、母親は黒地五つ紋留め袖が一般的な第一礼装です。新郎新婦が略装の場合、やはり略式の装いにしますが、両親の装いは、どんな場合でも媒酌人に準じたものにします。
 きょうだいや親族の装いはミセスの場合、ふつう、親族として式へ参列する場合は、媒酌人夫人や母親に準じ、黒地五つ紋付き留め袖の正装をします。若いミセスでしたら色留め袖にすると包も楽しめますし、正式の装いとなります。式に参列しないのなら、訪問着でかまいません。
 ミスの場合、和装なら中振り袖か訪問着。洋装なら絹の加わいいデザインのカクテルドレスなど。気をつけたいのは、花嫁よりはでにならないことです。
 男性は新郎新婦より年上で既婚者なら媒酌人や父親に準じモーニングか紋つき羽織はかまが適当です。未婚ならばダークスーツにネクタイでもあらたまった感じに装えばよいのです。
 学生や子どもの場合、学生は制服があればそれが第一の礼装です。きちんとプレスしてバッチなどあればつけます。制服以外のものを着る場合は学生らしく好感の持てる装いにすることがたいせつです。子どもは、男の子は上下そろいのスーツに白いワイシャツ、女の子はワンピースに髪加ざり程度の外出着を用います。

冠婚葬祭
縁談の頼み方と準備/ 見合いでの仲介者の準備と進め方/ 見合いでの当人と付添人の心得/ 見合い後の交際/ 結婚相談所/ 婚約の表し方と結納/ 結納式の進め方/ 婚約通知・婚約パーティー/ 媒酌人の依頼/ 式服手配/ 招待状/ 引き出物/ 挙式までの準備/ 披露宴の係の依頼/ 結婚する上での身辺整理/ 挙式の荷物送り/ 婚姻届/ 挙式の最終的な準備/ 挙式当日/ 神前結婚式/ 仏前結婚式/ キリスト教式/ いろいろな式のスタイル/ 自宅結婚式/ 披露宴の費用と開宴前の準備/ ディナー形式披露宴/ パーティー形式披露宴/ 和風披露宴/ 式当日の家族の心得/ 新郎新婦の心得/ 媒酌人の心得/ 司会者の心得、当日までの準備/ 司会者の心得、披露宴の運び方/ 結婚式に招かれた側の心得/ 祝辞の心得/ 結婚祝い/ 媒酌人や家族の装い/ 結婚式に招かれた人の装い/ 新婚旅行のコースと予約/ 新婚旅行の持ち物と服装/ 新婚旅行のエチケット/ 新婚旅行から帰って/ お返しと結婚通知状/ 結納から新居までの費用/ 結婚後の生活用品/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク