結婚祝い

 結婚祝いは贈る時期は披露宴の招待状を受け取ったらできるだけ早く贈ります。遅くても式の一週間前までには届くようにしたいものです。特に女性は一週間前ぐらいに荷物送りをするので早めに贈ります。

スポンサーリンク

 贈り方は最近ではデパートなどから直接配達してもらう人が多いようですが、その場合は、名刺にお祝いのことばを書き添えてはるとか、手紙を出すようにします。持参する場合は、少し改まった服装をして訪問します。先方は何かと気ぜわしいことでしょうから、お祝いのあいさつをし、品物を渡したら、玄関先で失礼したほうがよいでしょう。また先方が縁起をかつぐような家でしたら吉日を選んで訪問するような注意も必要です。
 当日会場へ持参してよいか。かさばる品物を披露宴会場の受付へ持って行くのは何か間に合わせの感じがしますし、先方も帰りはいろいろ荷物が多いので迷惑になることもありますので、避けるようにします。現金の場合は、当日受付で渡す人が多いのですが、係も気ぜわしいことですし、紛失する恐れもあるので、できたら早めにあげておくのが望ましいのです。
 遅れたら。当日持って行くより、ふたりが新婚旅行から帰って新生活を始めてから、何か足りないものがあるかを聞いてからあげるほうがよいでしょう。親しい友人なら、最初からそのつもりで、実生活が始まってから贈る人もいるようです。
 祝福の気持ちを表わすのが第一ですが、金額上の目安は次のようになります。
 友人などの場合で前にその人から自分がいただいていれば、それと同額程度のものを贈ります。披露宴の場所や形式にもより、一流ホテルで豪華なフルコースのディナーというならそれ相当のお祝いが必要です。常識的には一人分の料理代程度にします。夫婦で招待されたら、その倍程度ということになります。新郎新婦の友人で若い人なら、それ以下でも失礼にはなりません。グループでまとめてお祝い品を買うのも、個人で贈る場合より金額のはる品物が選べるので、よいものです。

冠婚葬祭
縁談の頼み方と準備/ 見合いでの仲介者の準備と進め方/ 見合いでの当人と付添人の心得/ 見合い後の交際/ 結婚相談所/ 婚約の表し方と結納/ 結納式の進め方/ 婚約通知・婚約パーティー/ 媒酌人の依頼/ 式服手配/ 招待状/ 引き出物/ 挙式までの準備/ 披露宴の係の依頼/ 結婚する上での身辺整理/ 挙式の荷物送り/ 婚姻届/ 挙式の最終的な準備/ 挙式当日/ 神前結婚式/ 仏前結婚式/ キリスト教式/ いろいろな式のスタイル/ 自宅結婚式/ 披露宴の費用と開宴前の準備/ ディナー形式披露宴/ パーティー形式披露宴/ 和風披露宴/ 式当日の家族の心得/ 新郎新婦の心得/ 媒酌人の心得/ 司会者の心得、当日までの準備/ 司会者の心得、披露宴の運び方/ 結婚式に招かれた側の心得/ 祝辞の心得/ 結婚祝い/ 媒酌人や家族の装い/ 結婚式に招かれた人の装い/ 新婚旅行のコースと予約/ 新婚旅行の持ち物と服装/ 新婚旅行のエチケット/ 新婚旅行から帰って/ お返しと結婚通知状/ 結納から新居までの費用/ 結婚後の生活用品/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク