祝辞の心得

 スピーチの時間はせいぜい二、三分 前もって何分ぐらいという申し入れがあれば、その時間どおりに、もし、そういうことがなくても、せいぜい二、三分にとどめること。だらだらと長過ぎるスピーチほどいやなものはありません。

スポンサーリンク

 四〇〇字詰原稿用紙で一枚半〜二枚二、三分というとこの分量になります。あらかじめ原稿用紙にまとめて、実際に声に出して練習してみると当日自信がつきます。
 話題をひとつにしぼる。あのことも、このこともと欲ばって話そうとすると、結局、焦点のないだらだらしたものになります。本人について何かいちばん楽しいエピソードは。と思い出し、話の間口を広げないことです。
 型にはまった語句は使いたくない「祝辞をのべさせていただく光栄に浴し」「末席をけがす」などというような語句はなるべく使わないこと。ふつうのことばのほうが心が伝わるものです。
 ユーモアがある。ただかしこまった祝辞だけでなく、披露宴のふんいきを楽しくするような内容でありたいものです。
 暴露的にならない。スピーチをおもしろくしようとするあまり、新郎新婦の独身時代の触れられたくないようなつまずきや、恋愛の話など、迷惑をかけるようなことはぜったいに話さないこと。
 誠意をこめて。たとえ、じようずな話し方で、ユーモアに富んでいても、そこにふたりを喜び、お祝いする心がなければよいスピーチとはいえません。
 二つくらい話を用意する。エピソードやことわざを中心としたものは先に誰かにしゃべられ、困ることがあります。二種類くらい用意しておいたほうがよいでしょう。
 突然指名されたら。もじもじしているのは座が白けてしまいますからすぐ立ち上がります。「突然で何と申し上げてよいのか困りました。ただ先ほどから花嫁の美しさにみとれています。ほんとうにおめでとうどざいます。」などありのままの気持とお祝いのことばをひと言でよいのです。祝辞は頼まれていなくても、突然の指名に困らないよう用意しておくと安心です。

冠婚葬祭
縁談の頼み方と準備/ 見合いでの仲介者の準備と進め方/ 見合いでの当人と付添人の心得/ 見合い後の交際/ 結婚相談所/ 婚約の表し方と結納/ 結納式の進め方/ 婚約通知・婚約パーティー/ 媒酌人の依頼/ 式服手配/ 招待状/ 引き出物/ 挙式までの準備/ 披露宴の係の依頼/ 結婚する上での身辺整理/ 挙式の荷物送り/ 婚姻届/ 挙式の最終的な準備/ 挙式当日/ 神前結婚式/ 仏前結婚式/ キリスト教式/ いろいろな式のスタイル/ 自宅結婚式/ 披露宴の費用と開宴前の準備/ ディナー形式披露宴/ パーティー形式披露宴/ 和風披露宴/ 式当日の家族の心得/ 新郎新婦の心得/ 媒酌人の心得/ 司会者の心得、当日までの準備/ 司会者の心得、披露宴の運び方/ 結婚式に招かれた側の心得/ 祝辞の心得/ 結婚祝い/ 媒酌人や家族の装い/ 結婚式に招かれた人の装い/ 新婚旅行のコースと予約/ 新婚旅行の持ち物と服装/ 新婚旅行のエチケット/ 新婚旅行から帰って/ お返しと結婚通知状/ 結納から新居までの費用/ 結婚後の生活用品/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク