パーティー形式披露宴

 会場の準備は会場の上座に、新郎新婦、媒酌人夫妻用のテーブルといすを用意します。そばには、スピーチ用のマイクを忘れずに。
 料理をおくテーブルは人数や大きさにより異なりますが、一五人〜二〇人程度に一つの割にします。
 手にしたグラスやお皿をおくためのテーブルもいくつか適当に用意します。
 いすは本来置かないものですが、婦人、老人用に全体の三分の一ぐらいの数をへやの周囲に用意します。

スポンサーリンク

 料理の種類は、オードブル風のもの、生がき、サラダ、鳥のもも、サンドイッチなどが基本になりますが、フォークだけで食べられるものにします。
 中年の人の好みに合わせて、アルミ箔包みのおにぎり、寿司などと日本茶のテーブルも片すみに用意しましょう。箸を忘れないこと。
 サンドイッチはすぐ乾いて、パンがそりかえるものです。五切れぐらいずつ、料理用セロハンに包んでおくと、来客も手が出しよく、味も変わらずにすみます。
 パーティーの進め方は新郎新婦、媒酌人の入場を一同拍手をもって迎えます。以下、ディナー形式と同様に媒酌人のあいさつ、主賓の祝辞、乾杯と続きます。
 乾杯のすんだあとは、招待客は自由にテーブルの間を歩き、談笑しながら好きな料理を取り分けて食べます。
 司会者は、来客が一通りテーブルの上のものを食べたと思われるころを見計らい、スピーチやコーフスなどの余興の依頼をします。
 このあと、新郎新婦は会場をまわって、自由に来客とあいさつをかわし、祝福を受けます。
 ころあいをみて両家代表のあいさつがあり、司会者のあいさつでおひらきとなります。
 カクテルパーティーの場合、ビュッフェパーティーとほとんど同じですが、宴会場が騒然として、まとまりのつかないことになるのを警戒しなければなりません。司会者の腕がわるいと、グループどうしのおしゃべり会になる場合もあります。開宴後まもない良い時期をみて、媒酌人のあいさつ、祝辞、乾杯と、たいせつな行事はすませておきましょう。
 時間は一時間半ぐらいで終わるようにします。出席者の中には、都合で途中退出する人があるのがこのパーティー形式の特長ですから、人数が減っていても、きちんとおひらきのあいさつをしのす。
 ティーパーティーはもっとも気軽な披露宴で、若い人向きです。したがって、型通りの媒酌人のあいさつ抜きも多くなります。
 食べ物は、紅茶、コーヒー、ジュース、コーラなどの飲み物と、サンドイッチ、クッキー、ケーキ、アイスクリームなど。和食として、ちらし寿司、おしるこ、みつ豆なども喜ばれます。
 時間は、ティータイムですから、午後の三時ごろから五時どろまで。
 パーティーの進め方は、ビュッフェ・カクテルパーティーの場合と同じですが、これらよりもっと気楽に行ないます。
 ガーデンパーティーは天候に左右されるので、雨天の場合の処置も手落ちなく準備しておく必要があります。ですから、よほど会場に恵まれていない限りは一般的ではありません。
 料理は、模擬店、バーベキューなど。
 会の進め方は、各パーティーと同様で、ごく気軽にすることです。時間は、昼間より、夕方から庭園灯の下で行なったほうが落ち着くでしょう。

冠婚葬祭
縁談の頼み方と準備/ 見合いでの仲介者の準備と進め方/ 見合いでの当人と付添人の心得/ 見合い後の交際/ 結婚相談所/ 婚約の表し方と結納/ 結納式の進め方/ 婚約通知・婚約パーティー/ 媒酌人の依頼/ 式服手配/ 招待状/ 引き出物/ 挙式までの準備/ 披露宴の係の依頼/ 結婚する上での身辺整理/ 挙式の荷物送り/ 婚姻届/ 挙式の最終的な準備/ 挙式当日/ 神前結婚式/ 仏前結婚式/ キリスト教式/ いろいろな式のスタイル/ 自宅結婚式/ 披露宴の費用と開宴前の準備/ ディナー形式披露宴/ パーティー形式披露宴/ 和風披露宴/ 式当日の家族の心得/ 新郎新婦の心得/ 媒酌人の心得/ 司会者の心得、当日までの準備/ 司会者の心得、披露宴の運び方/ 結婚式に招かれた側の心得/ 祝辞の心得/ 結婚祝い/ 媒酌人や家族の装い/ 結婚式に招かれた人の装い/ 新婚旅行のコースと予約/ 新婚旅行の持ち物と服装/ 新婚旅行のエチケット/ 新婚旅行から帰って/ お返しと結婚通知状/ 結納から新居までの費用/ 結婚後の生活用品/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク