ディナー形式披露宴

 ディナー形式の利点はパーティーのなかで最も正式な形式でフルコースがでます。型にはまってはいますが、招待客に落ちついて食事を味わってもらえます。
 洋風披露宴の席次で最も多く取り入れられている形に馬蹄形とくし形があります。
 席順は、メインテーブルに向かい右側に新郎、左側に新婦がすわり、新郎の右側に媒酌人、新婦の左側に媒酌人夫人がすわります。来客席は、メインテーブルに近いほうが上席で、親族、家族は末席にすわります。

スポンサーリンク

 開宴前、控え室で来客用、親族用とへやが別のところもありますが、新郎新婦の式が終わって婚姻が無事成立したあとの両家はいっしょのへやになります。
 軽い飲み物、桜の花湯などがでるので、開宴前のひとときをくつろぎます。
 会場入り口で出迎え、開宴時間の少し前に、新郎新婦を中心に、媒酌人夫妻、両家の親は会場入口に並んで来客を迎えます。このとき、会釈とともに「よくおいでくださいました。」程度の一言を添えます。
 来客全員の着席がすむと、ウエディングマーチの流れるなかを、新郎新婦は仲人夫妻の介添えで入場します。全員拍手をもって迎えます。
 披露宴次第
(1)司会者あいさつ
 簡単な自己紹介をし、開宴のあいさつをします。
(2)媒酌人あいさつ
 新郎新婦、媒酌人夫妻、両家の親は起立して、共におじぎをします。媒酌人は、先刻無事、結婚が成立したことを報告してから両人のおいたち、結婚までの経過などを報告します。最近では、こうしたことを印刷してあらかじめ出席者に配ることもありますが、やはり、媒酌人が適当なユーモアをこめてあいさつするほうが、宴会のふんい気を盛り上げるでしょう。
(3)主賓あいさつ
 新郎側、新婦側から一名ずつ出します。たとえば、職場の上司、恩師などから選びます。
(4)乾杯
 主賓級の出席者に音頭をお願いしておきます。シャンパンが音高く技かれて宴ははなやかさを増してきます。全員起立し、グラスを目の高さに上げ、「おめでとうございます。」と祝福して飲みます。飲めない人でもグラスを手にもってロをふれるのがエチケットです。
(5)ウエディングケーキにナイフを入れる
 新婦がナイフをもち、新郎が手を添えて、ケーキにかるくナイフを入れます。出席者は盛大な拍手を送ります。
(6)料理が運ばれる
(7)お色直し
 花嫁はいったん控え室にもどり、式服から別の衣装に着替えます。お色直しがすんで入場の場合は、一同拍手をもって迎えます。
(8)祝辞
 近頃の傾向としては、食事がゆっくりできるよう、祝辞はデザートコースにはいってから始めることが多いようです。祝辞は、新郎側、新婦側がほぼ同数になるように、交互に述べてもらうようにします。何人に頼むかは、時間との関係も考慮して決めます。
(9)祝電披露
 司会者が祝電を披露します。多数あるときは、代表的なもの、センスのあるものを選んで紹介します。
(10)お礼のあいさつ
 両家を代表して、新郎側の父親がお礼と、今後のことをお願いするあいさつをします。新郎新婦、両親は起立します。このあいさつの前に、新郎新婦からあいさつをすることもあります。
(11)両親に花束贈呈
 最近は、おひらきの前に、新郎は新婦の母に、新婦は新郎の母に感謝をこめて花束を贈る場合もあります。
(12)おひらき
 司会者のおひらきのあいさつで、宴は終わります。出迎えどきと同じように新郎新婦、媒酌人夫妻、両親が出口に並んで出席者の退出を見送ります。
(13)新婚旅行出発
 新婚旅行へ出発するふたりの車を、両親、親族、出席者たちが拍手で送ります。

冠婚葬祭
縁談の頼み方と準備/ 見合いでの仲介者の準備と進め方/ 見合いでの当人と付添人の心得/ 見合い後の交際/ 結婚相談所/ 婚約の表し方と結納/ 結納式の進め方/ 婚約通知・婚約パーティー/ 媒酌人の依頼/ 式服手配/ 招待状/ 引き出物/ 挙式までの準備/ 披露宴の係の依頼/ 結婚する上での身辺整理/ 挙式の荷物送り/ 婚姻届/ 挙式の最終的な準備/ 挙式当日/ 神前結婚式/ 仏前結婚式/ キリスト教式/ いろいろな式のスタイル/ 自宅結婚式/ 披露宴の費用と開宴前の準備/ ディナー形式披露宴/ パーティー形式披露宴/ 和風披露宴/ 式当日の家族の心得/ 新郎新婦の心得/ 媒酌人の心得/ 司会者の心得、当日までの準備/ 司会者の心得、披露宴の運び方/ 結婚式に招かれた側の心得/ 祝辞の心得/ 結婚祝い/ 媒酌人や家族の装い/ 結婚式に招かれた人の装い/ 新婚旅行のコースと予約/ 新婚旅行の持ち物と服装/ 新婚旅行のエチケット/ 新婚旅行から帰って/ お返しと結婚通知状/ 結納から新居までの費用/ 結婚後の生活用品/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク