婚姻届

 婚姻届は、夫のこれまでの本籍地に届け出る場合は婚姻届二通と妻の戸籍謄本(抄本)一通、妻のこれまでの本籍地に届け出る場合は婚姻届二通と夫の戸籍謄本(抄本)一通、その他新しい所在地に届け出る場合は婚姻届三通と夫と妻の戸籍謄本(抄本)各一通が必要です。婚姻届用紙は各役場に用意してあります。書き損じた場合に備えて少し余分にもらっておきます。戸籍謄本(抄本)は遠方の場合郵送してもらえます。必要事項の記入と署名押印は忙しくならないうちにすませておき、挙式当日には役所に届けるだけでよいようにしておきます。

スポンサーリンク

 証人は二〇歳以上ならだれでもよく、家族でもよいのですが、それぞれ同じ姓でも違う印鑑でなければなりません。印鑑は実印でも認め印でもかまいません。また届用紙の欄外に本人、証人の捨て印を押しておくと、記入に誤りがあった場合訂正印として役立ちます。
 いくら盛大な結婚式をあげても届けをしない限り法律上は正式な夫婦でありません。新婚旅行中、不慮の事故のため万一のことがあっても、法律的には、他人であるわけです。また、届けた日が夫婦となった日として、一生、戸籍についてまわるのです。
 挙式当日は気ぜわしく旅行の時間も追っていて役所へ届け出る暇がありません。本人でなくても代理人が届けてもかまわないのです。前もって家族の者などに頼んでおきましょう。
 休日には戸籍係の人がいないことがあるので、できたら前もって、記入にまちがいがないか見てもらっておいて、当日届け出ると、スムーズにいきます。しかし、休日でも、届け出て日付けだけは当日にし、次の日にでもまちがいがないかを調べてもらえばいいわけです。郵送で届けることもできます。
 本人の本籍や住所地に限らず、式場の近く、あるいは新婚旅行先の土地でも、どこの市区町村役場、出張所の戸籍係でも受け付けます。
 婚姻届は出しても新戸籍ができるまで日数がかかるので、確かにふたりは婚姻届を出した正式な夫婦であるという証明かほしい、あるいは代理人が婚姻届を出したので、確かに受理したという証明かいるなどという場合に、婚姻届受理証明書というのがあります。届を出した役所の戸籍係へ、所定の用紙に記入し料金を払えば何枚でも請求できます。婚姻後に名のる姓の印鑑が必要です。ふつうの用紙のものと、卒業証書のような大きさのデラックスなものと、二種類あります。
 結婚披露宴の席上でこの証明書を披露する式場もあります。婚姻届署名を式の次第に取り入れ、式場の係りが近くの役所に届け出て、受理証明書をもらってきて、それを披露するという方法です。
 夫婦といっても戸籍上は別になっているわけですから、子どもが生まれても父の戸籍は別です。財産の相続権、離婚しても財産分与の請求権もありません。いずれ出すつもりであっても、不慮の事故で夫が亡くあと、妊娠していた場合など、前述のようなことになるわけです。
 結婚してから一か月以内に出される婚姻届は全体の約半数。また、一年を過ぎても出されないものが一割近くあります。
 結婚すれば、女性または男性、あるいはふたりともそれまでの住居を変えることになります。婚姻届を出しても、これは本籍が新しくなるだけですから、住民登録をしないと新しい住居地での選挙権などが得られないことになりますし、期間内 (転居、転入した目から一四日以内)に届けないと、二〇〇〇円以下の過料に処せられることもあります。住居を移る前に転出届を出して、新住居地へ移ったらすぐ転入(居)届を出すことです。
 他の市区町村から移転した場合で、新住所の市区町村役場(出張所)に届けます。印鑑と前住所地の転出証明書が必要です。
 転出証明書は前住所地の役場へ印鑑を添えて転出居をするともらえます。
 転居届は同じ市区町村内で移転した場合で、新住所の市区町村役場(出張所)に届けます。印鑑が必要です。

冠婚葬祭
縁談の頼み方と準備/ 見合いでの仲介者の準備と進め方/ 見合いでの当人と付添人の心得/ 見合い後の交際/ 結婚相談所/ 婚約の表し方と結納/ 結納式の進め方/ 婚約通知・婚約パーティー/ 媒酌人の依頼/ 式服手配/ 招待状/ 引き出物/ 挙式までの準備/ 披露宴の係の依頼/ 結婚する上での身辺整理/ 挙式の荷物送り/ 婚姻届/ 挙式の最終的な準備/ 挙式当日/ 神前結婚式/ 仏前結婚式/ キリスト教式/ いろいろな式のスタイル/ 自宅結婚式/ 披露宴の費用と開宴前の準備/ ディナー形式披露宴/ パーティー形式披露宴/ 和風披露宴/ 式当日の家族の心得/ 新郎新婦の心得/ 媒酌人の心得/ 司会者の心得、当日までの準備/ 司会者の心得、披露宴の運び方/ 結婚式に招かれた側の心得/ 祝辞の心得/ 結婚祝い/ 媒酌人や家族の装い/ 結婚式に招かれた人の装い/ 新婚旅行のコースと予約/ 新婚旅行の持ち物と服装/ 新婚旅行のエチケット/ 新婚旅行から帰って/ お返しと結婚通知状/ 結納から新居までの費用/ 結婚後の生活用品/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク