結納式の進め方

 結納のもっとも古い形は、両家でそれぞれ仲人を立て結納を取りかわす方法です。しかし、現在は一組の仲人が両家を往復する方法が広く行なわれています。この方法は、まず男性側から女性側に結納を持参し、女性側の受書と結納を持って男性側にもどり、さらに男性側の受書を女性側に届けます。

スポンサーリンク

 男性側は結納品を上座に飾り、準備を整えて、仲人が見えたら、本人、両親そろって玄関に迎え出て、へやに通します。
 口上は、全員そろったときにします。だれかが用事で席を立ったときなどは避けます。仲人は「本日はお日柄もよくおめでとうございます。」というようなお祝いのことばで始め、両親、本人は「ありがとうどざいます。本日はご多忙のところ、結納のためひとかたならぬお世話さまこなります。一と感謝つことばを返します。これらのあいさつは、父親が代表していえばよいでしょう。
 つづいて、「しるしばかりでございますが、○○家へお届けのほどお願い中し上げます。」と依頼し、床の間から結納品をさげ、仲人の前に正面を向けて置きます。
 仲人は「かしこまりました。ふつつかでございますが、たしかにお預かりし、お届けに参ります。」と、これを受けます。仲人夫人は祝台の足をはずして、平たくして、結納品をふろしきに包み、仲人夫妻で、女性方に出向きます。
 女性配も男性配と同じように結納品を上座に飾り、仲人の到着を待ちます。席の着き方、桜湯を出すことも同じです。
 仲人は全員が席に着いてから祝台を組み立て、結納品をもとのように飾りつけます。そして、「このたびは、お嬢さまと、○○様とのご良縁が相整い誠におめでとうどざいます。○○様からの結納をお届けに参りましたので幾久しくお納めください。」とあいさつをし、女性偏に正面を向けて渡します。女性側は、「あなた様のお骨折りのおかげさまで、縁談が整いましてありがとうございます。本日はごていねいにおそれ入ります。幾久しくお受け致します。」の口上で受け、ひとまず床の間に飾ります。
 床の間に飾ってある、いただいた結納品を別室に持って行って中をあらため、受書を書いて渡すのがしきたりです。しかし最近では両家が事前によく打ち合わせをし、受書も前もって書いておき、中をあらためずに受書を渡すことが多くなりました。仲人が責任上あらためて欲しいと申し出た場合は、その場で開かないで、別室に運んでから中をたしかめます。
 女性側から預かった結納と、受書を持って仲人は再び男性宅へ行きます。そして、無事結納を納めてきたことを報告し、受書を渡し、女性偏からの結納を男性偏に納めます。口上、作法も、女性偏における場合と同じです。男性偏も、女性偏と同様に、確かに受け取ったしるしに受書を渡します。ここまでで、両家とも結納を受け取ったわけですし、時間もお昼時になるので、男性宅で昼食をとってもらい、このあともう一度行く女性宅で酒肴をもって仲人をねぎらうようにするとよいでしょう。しかし、時間がない場合もあるので、両家でよく話し合って方法を決めます。祝い膳を出さない場合は、酒肴料を包みます。
 男性側の受書を持って仲人は再び女住宅へ行きます。これで結納の式はすべて完了します。仲人は結局両家を二往復することになります。
 仲人の家や、ホテルや料亭の一室を借りて、男性側、女性側、仲人が集まり、結納品を交換する略式結納の形式が最近は多く行なわれています。これは時間や労力が省けるし、婚儀の中心人物が集まっているために、結納が終わったあと、引き続いて結婚式の具体的な打ち合わせの場とすることもでき、略式ですが便利な方法です。
 仲人の家で行なう場合、まず、男性側、女性側を別室に案内し、結納品を組み立ててもらいます。そしてそれぞれ両家は「本日はお約束のしるしに結納を持参いたしました。○○さまにお納めください。」とひとまず、仲人に預けます。仲人はそれらを結納を行なうへやに飾っておきます。
 用意ができたら、へやに通し、全員席に着きます。席の着き方は、上座に向かって右が女性側、左側が男性側と向かい合い、仲人は、中央の下座にすわります。洋室の場合は、結納品をのせるサイドテーブルを用意し、上座、下座にこだわる必要はありません。結納の交換のときは一同いすから立って行います。
 交換のあいさつは、まず仲人が「このたびはおふたりのご婚約が整いおめでとうございます。私がご両家に持参するはずのものでございますが、略式にさせていただいて、ここで結納の交換をさせていただきます。」と、まず、上座に飾った男性側の結納を女性側の前に置き、「こちらが○○さまの結納でどざいます。幾久しくお納めください。」といい、男性側もこのとき「どうぞお納めください。」といいます。女性側は「ありがとうございます。幾久しくお受けします。」と一礼して受けます。同様に、女性側の結納を男性側に納めます。
 交換がすんだら、桜湯などでのどをうるおし、祝い膳を囲みますが、略式ですので、お菓子とお茶や、お寿司程度で祝ってもよいでしょう。
 ホテルや料亭で行なう場合、前もってその旨伝えておくと、段取りを心得てうまく運ぶよう便宜を計ってくれます。やり方は仲人宅で行なう場合と同じです。結納が終わったら、そこで、全員で、なごやかに食事をするか、お茶を飲んだりすることができます。
 費用は両家で半分ずつ負担します。

冠婚葬祭
縁談の頼み方と準備/ 見合いでの仲介者の準備と進め方/ 見合いでの当人と付添人の心得/ 見合い後の交際/ 結婚相談所/ 婚約の表し方と結納/ 結納式の進め方/ 婚約通知・婚約パーティー/ 媒酌人の依頼/ 式服手配/ 招待状/ 引き出物/ 挙式までの準備/ 披露宴の係の依頼/ 結婚する上での身辺整理/ 挙式の荷物送り/ 婚姻届/ 挙式の最終的な準備/ 挙式当日/ 神前結婚式/ 仏前結婚式/ キリスト教式/ いろいろな式のスタイル/ 自宅結婚式/ 披露宴の費用と開宴前の準備/ ディナー形式披露宴/ パーティー形式披露宴/ 和風披露宴/ 式当日の家族の心得/ 新郎新婦の心得/ 媒酌人の心得/ 司会者の心得、当日までの準備/ 司会者の心得、披露宴の運び方/ 結婚式に招かれた側の心得/ 祝辞の心得/ 結婚祝い/ 媒酌人や家族の装い/ 結婚式に招かれた人の装い/ 新婚旅行のコースと予約/ 新婚旅行の持ち物と服装/ 新婚旅行のエチケット/ 新婚旅行から帰って/ お返しと結婚通知状/ 結納から新居までの費用/ 結婚後の生活用品/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク