婚約の表し方と結納

 恋愛中の若いふたりが、自分たちだけで結婚を約束しても婚約したことにはなりません。婚約とはなんらかの形で公表しなければなりません。したがって婚約は、恋愛、見合いのいずれの場合を問わず、結婚を決意したときに、日を選んで、両家および両人の間で婚約を確認したときに成立します。

スポンサーリンク

 結納は昔から行なわれている方法で、現代でもまだまだこの形式をとる人が多いようです。仲人を立て、結納金や、結納品を両家で交換します。仲人が両家を往復するか、皆が一か所に集まって行ないます。
 婚約記念品を贈る。男性からは婚約の年月日を彫った指輪を、女性からはタイピンやカフスボタンなどあとに残るものを贈って婚約を表わします。
 婚約通知を出す。形式的なことはいっさいやめて、婚約通知を出します。
 婚約パーティーを開く。簡単なパーティーを聞き、知人を招いて、婚約を認めてもらい、祝ってもらいます。
 結納品の品目は古くは男性から帯地、女性から持地を酒だるや魚に添えて贈りましたが、現在は帯地、持地の代わりに現金とします。
 「長熨斗」はあわびを伸ばしたもので長生不死を、「末広」は白い扇子で潔白無垢と末に広がる意を、「友志良賀」は麻糸でできていて共に長生きする意の共白髪のこと、「千生婦」は昆布で子孫の繁栄を、「寿留女」「松魚節」は保存できるので不時の備えとしてと、それぞれいわれがあり、「家内喜多留」は柳樽とも書き、酒を入れるもので、現金を包んで品物にかえるか、銚子を使います。
 以上七品に目録と金包みを加え九品を白木の祝台にのせて一式です。
 並べ方は関東、関西で少し異なりますが、目録の順にします。これらはデパートや文具店にありますが、九品全部でなく、家内喜多留、松魚節など目録の最後のほうから省いて、略式にすることが多くなりました。七品セットが一般によく使われるようです。両家で同じ程度を贈るか、女性側が一段落とすのがふつうです。よく話し合ってかくか、当人どうしで、買いに行くのがよいでしょう。
 結納金の額は帯地料、持地料としてのお金で、嫁入りしたくの一部にするようにという考えから出たものですが、その額により、嫁入り道具を決めたり、家柄をうんぬんするのはやめたいもの。一般に、男性の給料の二〜三倍程度が多いようです。
 男性からの結納金に対し、「半返し」といって女性からその半額を贈り返す習慣があります(関東、東北地方)。
 しかし、両家で相談し、最初から半返しなしとして、半返し分を差し引いて男性から贈る場合も多くなりました。また、半返しをお金でなく、その分で、男性の背広などをつくって贈る人もあるようです。
 結納金の代わりに、指輪にし、目録に帯地料でなく真珠指輪一個というようにします。ていねいな人は、結納金とは別に婚約指輪を贈ったりします。
 いずれにせよ、地方によるしきたりに従うのが無難です。
目録は結納の品々をおめでたい文字で書きます。奉書に自分でしたためればよいわけですが、すでに印刷された市販品が多く使われています。市販の目録は最初の一行が空白になっていて、そこに、男性側なら、「御帯地料一封」とか「真珠指輪一個」というように書き入れます。現金の場合は、目録には金額は書き入れず、金包みに書き入れます。
 結納品が九品全部でなく省略した場合でも、目録だけには九品書いておく所(関東地方)と、贈るものだけ書く所(関西地方)があります。
 次に年月日、署名、あて名を書き入れますが、昔は、父親の署名で先方の父親あてに贈りましたが、最近は当人名で当人あてに贈るようになりました。これらは必ず筆で書きます。
 受書はまちがいなく受け取りましたというしるしで、これも印刷されたものがあります。
 自分で書く場合は、目録と同じように品名を書き入れ「右の通り幾久しく受納仕り侯」とし、署名します。
 家族書と親族書は結納の前に取りかわす場合もありますが、結納のときに添えるのが一般的です。結納品をのせた祝台にはのせないで、片木盆にのせて出します。体裁が整った市阪品もありますが、奉書紙に書いて包んでもかまいません。いずれにしても毛筆で書くこと。
 家族書は本人と同居している家族の名を、親族書は、父方、母方に分けて名まえ、住所、本人との続柄を書きますが、どのくらいの人までいれるかという範囲は、仲人と打ち合わせ、先方と同程度にします。
 結納の日時は大安吉日の午前中というのが昔のならわしでしたが、両家、仲人の都合のよい日で、時間も暗くならないうちに終えればよいでしょう。
 出席者は正式には仲人夫妻、本人、両親がそろいますが、合同でする略式結納の場合など仲人、親ひとりずつでもかまいません。また、当人のどちらかの家が遠方で仲人が両家を往復できない場合などは、近くの親戚の家を本人の家と仮定し、おじ、おばが親がわりとなって、結納の受け渡しをしてもらってもよいでしょう。
 結納日の服装は本人は男性はダークスーツ、女性は和服なら訪問着程度。洋服ならスーツでもワンピースでもドレッシイなものにします。
 仲人は男性はダークスーツ、女性は和服なら訪問着、色無地、紋つき、つけ下げ、小紋の着物に黒紋つき羽織など。洋服ならやはりドレッシイなもの。いずれにしても本人よりは華美にならないようにします。
 両親は男性、女性とも仲人の服装に準じますが、両家とも同程度の服装となるよう前もって仲人を通じて打ち合わせます。
 飾り物、結納品は祝台にのせ、床の間や上座に飾っておきます。玄関、床の間に花を生け、掛け軸、茶道具、盆など、めでたい模様のものがあったら使います。
 仲人がその家での役目を終わったら祝いの膳を出します。お酒に、赤飯、はまぐりのうしお汁、さしみ、尾頭つきの魚などが正式ですが、時間の関係などから折り詰めにしたものを、祝儀といっしょに渡すことも多いようです。または、「酒肴料」として、現金、商品券を膳のかわりに包むこともあります。いずれにしても食事時にあたるようなら両家で打ち合わせ、どちらで出すか決めておくとよいでしょう。
 お祝いの席には、お茶は、「茶を濁す」といってきらわれます。桜の花を塩づけにした桜湯が「花開く」ということでめでたがられ、そのほか「よろこんぶ」の語呂から、こぶ茶や小粒のあられにお湯を注ぐ九重湯が慶事によく使われます。
 これらの飲み物に、松竹梅などめでたい形をした打菓子を紅白の惧紙にのせて出します。儀式がすんだら、お茶にもこだわる必要はありません。
 結納をおさめたら、両家でそれぞれ祝い膳を出すしきたりですが、時間の都合などで出さない場合は、「酒肴料」としてお金を包みます。また仲人が車代を出費した場合は、「お車代」として差し上げるか、酒肴料に加えます。
 また、仲人がタクシーなどを持たせてあれば、運転手にも祝儀を包んで出すのが、礼儀です。
 謝礼の金額は結納金の額の一割程度といわれますが、仲人の社会的地位なども考慮します。両家で、それぞれ半分ずつ負担するのが基準でしょう。祝儀袋に「寿」または「御礼」と書いて差し上げます。両家で別々に包んでもかまいませんが、同額になるよう前もって決めておきます。仲人宅で行なった場合、それにかかった実費をお礼に加え、両家でまとめ、連名であげます。
 結納のときの仲人が結婚式の媒酌人をする場合は、式がすんでからお礼することにし、当日は祝い膳、車代でよいでしょう。そうでない場合は、結納の翌日あたり、菓子折など添え、両家の代表者が、仲人宅へお礼に伺うとていねいです。

冠婚葬祭
縁談の頼み方と準備/ 見合いでの仲介者の準備と進め方/ 見合いでの当人と付添人の心得/ 見合い後の交際/ 結婚相談所/ 婚約の表し方と結納/ 結納式の進め方/ 婚約通知・婚約パーティー/ 媒酌人の依頼/ 式服手配/ 招待状/ 引き出物/ 挙式までの準備/ 披露宴の係の依頼/ 結婚する上での身辺整理/ 挙式の荷物送り/ 婚姻届/ 挙式の最終的な準備/ 挙式当日/ 神前結婚式/ 仏前結婚式/ キリスト教式/ いろいろな式のスタイル/ 自宅結婚式/ 披露宴の費用と開宴前の準備/ ディナー形式披露宴/ パーティー形式披露宴/ 和風披露宴/ 式当日の家族の心得/ 新郎新婦の心得/ 媒酌人の心得/ 司会者の心得、当日までの準備/ 司会者の心得、披露宴の運び方/ 結婚式に招かれた側の心得/ 祝辞の心得/ 結婚祝い/ 媒酌人や家族の装い/ 結婚式に招かれた人の装い/ 新婚旅行のコースと予約/ 新婚旅行の持ち物と服装/ 新婚旅行のエチケット/ 新婚旅行から帰って/ お返しと結婚通知状/ 結納から新居までの費用/ 結婚後の生活用品/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク