見合い後の交際

 仲介者から、双方が交際したいという気持ちで一致したという連絡があったら、婚約を前提にしておつきあいにはいります。
 女性は仲介者に、連絡の方法やデートに出やすい日時などを伝えて、男性からの連結を持つ気持ちをあらわします。
 男性は仲介者から連絡方法などを伝えられたら、できるだけ早く電話などで女性とデートの約束をします。見合後のおつきあいは、一般の男女交際とは異なり、結婚相手としてふさわしいかどうかを見るという、はっきりした目的をもっています。
 そこで、交際期間も二、三か月に限定して、その間にできるだけ多くの機会を設けてじゅうぶんに話しあい、相手の生活感覚や生活態度が自分に納得できるかどうか、将来生活をともにするのに支障がないかどうか、よく理解するようにします。

スポンサーリンク

 そうした意味で、この期間中のデートは映画や音楽会など長時間沈黙のつづくものは不適当です。思う存分話し合って相互理解を深めることがたいせつです。
 本人同士はもちろん、家族ぐるみでじゆうぶん交際することも必要ですが、おみやげなどはあまり高価なものにしないようにしましょう。デート中に、婚約記念のプレゼントとまちがえるような高価なものを贈るのもタブーです。
 この期間中のデート費用は、割勘にしたらどうでしょう。食事をしたときなども、半分ずつにします。ただし、女性は自分の分をそっと男性に手渡し、支払いは男性にすませてもらうというような心づかいを示せば、好感を持たれることうけあいです。
 何回かデートして、自分の気持ちがはっきりしたら、男性はプロポーズし、女性にも異存がなければ、親にも報告したうえで仲介者に結婚の意志を伝えます。
 しかし、その交際中にふたりの気持ちが結婚をためらうようであれば、思いきって交際を打ちきり、その旨を仲介者に報告します。

冠婚葬祭
縁談の頼み方と準備/ 見合いでの仲介者の準備と進め方/ 見合いでの当人と付添人の心得/ 見合い後の交際/ 結婚相談所/ 婚約の表し方と結納/ 結納式の進め方/ 婚約通知・婚約パーティー/ 媒酌人の依頼/ 式服手配/ 招待状/ 引き出物/ 挙式までの準備/ 披露宴の係の依頼/ 結婚する上での身辺整理/ 挙式の荷物送り/ 婚姻届/ 挙式の最終的な準備/ 挙式当日/ 神前結婚式/ 仏前結婚式/ キリスト教式/ いろいろな式のスタイル/ 自宅結婚式/ 披露宴の費用と開宴前の準備/ ディナー形式披露宴/ パーティー形式披露宴/ 和風披露宴/ 式当日の家族の心得/ 新郎新婦の心得/ 媒酌人の心得/ 司会者の心得、当日までの準備/ 司会者の心得、披露宴の運び方/ 結婚式に招かれた側の心得/ 祝辞の心得/ 結婚祝い/ 媒酌人や家族の装い/ 結婚式に招かれた人の装い/ 新婚旅行のコースと予約/ 新婚旅行の持ち物と服装/ 新婚旅行のエチケット/ 新婚旅行から帰って/ お返しと結婚通知状/ 結納から新居までの費用/ 結婚後の生活用品/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク