縁談の頼み方と準備

 縁談を依頼する人は誰へでもというわけにいきませんし、頼む人によっても、どんな方に紹介されるかその範囲も決まってくるものです。社会的にも信頼のおける顔の広い人で、仲人口といわれるようなお世辞ばかりの人でなく親身に世話をしてくれる人、なるべく、本人や、その家族をよく知っている人にお願いしたいものです。そのような親戚、先輩、恩師、勤務先の上役、近所の方、両親の友人などの何人かに頼んでおきます。
 また、そういう人の中には、当人が年ごろになったのを見て、「お宅のお嬢さまに」とお話を持って来る方も少なくありません。もし、こちらの希望にそうようでしたら、あらためてお願いすることにします。

スポンサーリンク

 依頼のしかたは資料を預ける。ただ、「いい人がいらしたらよろしく」などというだけでは、頼まれた人は単なる社交辞令だと思ってしまいます。世話を承諾してくれたら写真、身上書などを持参して、「おめがねにかなう方がいらしたらどうぞよろしく」と、手みやげなどを添えて預けておきます。ほかにあまり頼んでいない場合は、資料を五、六組預けておくと、依頼された人が、自分の知人にまた頼むとき便利です。またほかにお願いしてあるときは、そのことを話し、あとでほかで縁談がまとまった場合は、すぐその旨を伝えないと、依頼された人に迷惑がかかることがあるので気をつけます。
 仲介者が本人を知らない場合は、会ってよく人柄を知っておいてもらうべきです。
 本人の知らないうちに話をすすめるなどとは昔のこと、本人も承知の上で、また本人からも依頼する人に「よろしく」ということばくらい添えさせたいものです。
 希望を伝える。こんな人をという希望条件もざっくばらんに。職業、環境、性格などを具体的にはっきりさせておくと、仲介者も世話しやすくなります。
 頼み放しにしない。このようにしてお願いしたら、頼み放しでなく、催促がましくならない程度に、近況を伝えるくらいの連絡を続けます。何か月間も音信不通となると頼まれた人も「もう決まったのでは」と思ったり、熱がなくなってしまいます。
 準備するもの
 1. 写真
 まったく知らない人どうしでは、見合い写真が割合強い印象を与えるものです。写真屋で撮った正式の見合い写真に、日常生活のスナップを二、三枚添えると親しみが持てます。スナップ写真だけでは誠意が疑われたり、失礼になったりします。裏に氏名、生年月日を記入します。
 見合い写真は、全身より七分身くらいがすっきりした感じです。表情がきつくなりがちの人は、ソフトに仕上がるように写真屋さんに相談してみるとよいでしょう。注意したいのは、あまり修正しすぎて「実際会ってみたら」ということのないようにすることです。
 2. 身上書
 本人の氏名、生年月日、現住所、出身校、職歴、賞罰、現在の生活状況、収入、趣味、特技、身長、体重などを書きます。いわゆる本人の履践書ですから、自筆で書くようにしたいものです。
 3. 家族書
 家族全員の氏名、年齢、本人との続柄、住所、出身校などを記すようにします。結婚して他に住んでいる兄弟姉妹は、「親族書」として、おじ、おばといっしょに書きます。おじ、おばは父の兄というように説明し、多い場合は全部書かなくてもよいでしょう。家族と本人の住所が違ったり、若くて亡くなった人がいたり、兄弟姉妹で離婚して独身でいたりする場合は、その理由をはっきり書くほうが先方に不審に思われません。つまり、その人の家庭環境ができるだけ明らかになるように書くのが親切です。
 家族書は家族が書いてもかまいませんが、たいせつなことは、白い新しい紙にペン加筆で、ていねいに書いて、新しい封筒に入れることです。汚れていたり、しわになっていたりするとまわりまわってきた感じを与えかねません。
 4. 健康診断書
 必ず必要というものではありませんが、健康を確認できれば安心です。縁談がまとまりそうなときと加、結納のときになって交換する人が多いようですが、知り合う前、見合いの資料として交換しておいたほうが安心感もあるし、かえって事務的にできてよいでしょう。

冠婚葬祭
縁談の頼み方と準備/ 見合いでの仲介者の準備と進め方/ 見合いでの当人と付添人の心得/ 見合い後の交際/ 結婚相談所/ 婚約の表し方と結納/ 結納式の進め方/ 婚約通知・婚約パーティー/ 媒酌人の依頼/ 式服手配/ 招待状/ 引き出物/ 挙式までの準備/ 披露宴の係の依頼/ 結婚する上での身辺整理/ 挙式の荷物送り/ 婚姻届/ 挙式の最終的な準備/ 挙式当日/ 神前結婚式/ 仏前結婚式/ キリスト教式/ いろいろな式のスタイル/ 自宅結婚式/ 披露宴の費用と開宴前の準備/ ディナー形式披露宴/ パーティー形式披露宴/ 和風披露宴/ 式当日の家族の心得/ 新郎新婦の心得/ 媒酌人の心得/ 司会者の心得、当日までの準備/ 司会者の心得、披露宴の運び方/ 結婚式に招かれた側の心得/ 祝辞の心得/ 結婚祝い/ 媒酌人や家族の装い/ 結婚式に招かれた人の装い/ 新婚旅行のコースと予約/ 新婚旅行の持ち物と服装/ 新婚旅行のエチケット/ 新婚旅行から帰って/ お返しと結婚通知状/ 結納から新居までの費用/ 結婚後の生活用品/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク