出産祝いとお返し

 出産祝いをいただくのは、ほんとうにうれしくありがたいことですが、正直いって同じ物が、いく組もがちあったり、赤ちゃんがすぐ大きくなるので、結局使いものにならない品物が意外とあるものです。
 ベビー毛布、おくるみ、サックコートなどや、下着セット、食器セット、アルバムなどがぶつかりやすい品物です。

スポンサーリンク

 ふつう、お祝いは、お誕生後一か月ぐらいまでに持って行くか送るかします。赤ちゃんの名まえがわかっていたらバースデイ・カードにお祝いのことばを添えましょう。
 このようにお祝いを差し上げるときは、すでにその家庭では、たいがいの必要品を整えてあります。ですから、衣類などを選ぶ場合は、半年か一年後ぐらいに使える物を心がけてほしいもの。それも季節を考えて選びます。
 いやがる人もいますが、ほんとうに必要でいくらあってもありがたいものは、おむつカバーと、ずばり現金です。
 あると便利なものはベビーフックやおんぶひも(最近では前おんぶもできるものがあります)ですが、二つはいらないもの。そこで、差し上げる前に、これをと思っているのですけれど、重複していないでしょうか、と問い合わせてから贈るのも失礼ではありません。また、赤ちゃんにこだわらず、ママヘのお見舞いをかねて、バターやチーズ、くだもの、卵などもよいものです。
 もし、お友だちや会社の同僚がグループで贈るといったときなら、体重計、ベビーカー、ハイチェアなど、かなり金額のかさむ必要品を贈るのがいちばん喜ばれます。また、こういう場合は、ごく親しい間柄でしょうから、生まれる前から何を贈るか、あらかじめうかがってベビーバスなどもいいものです。
 誕生後すぐ必要な物は、退院するまでに自宅へ送っておきます。
 毛糸やネルの布地などもありがたいものですが、編む人や作る人が身近にいないときは、困る品物です。そのへんも考えて贈りたいものです。

冠婚葬祭
妊娠ではと思ったら/ 妊娠と決まったら/ 妊娠中の健康と生活/ 流産や早産のとき/ 妊娠中の疑問/ 入院のための必要品準備/ 入院直前の注意/ 入院するときの方法/ 産後の手当と入院中の心得/ 出産と健康保険/ 妊娠や出産の困ったときの相談場所/ 出産後の退院の注意/ 新生児の扱い方/ 赤ちゃんの健康診断/ 赤ちゃんの健康管理/ 赤ちゃんを預けるとき/ 命名の知識ときまり/ 出生届の出し方/ 成長を祈る/ 出産を祝う/ 出産祝いとお返し/ 赤ちゃんを危険から守る/ 赤ちゃんの入院の費用/ 赤ちゃんにかかる費用/ 幼稚園を選ぶ/ 入園の手続きと費用/ 小学校を選ぶ/ 小学校の入学手続き/ 小学校入学の準備/ 小学校の費用/ 小学校の塾や習い事/ 中学校時代/ 高校時代/ 大学受験/ 大学はどれだけかかるか/ 奨学金/ 留学/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク