成長を祈る

 生まれた日から七日目ぐらいに退院するのがふつうです。昔からこの七日目が命名式の日とされています。赤ちゃんに一生ついてまわる大事な名まえですから、よく考えてつけてください。決まったら、半紙の中央に名まえを、その左わきに生年月日を書いて、神だなや床の間(ない場合はへやのいちばん目だつ所)に飾ります。何はなくとも、子の成長を祈る心の余裕を失いたくないもの。名まえの右肩に「鶴は千年、亀は万年」などと書いて、子どもの長命を祈る地方もありますが、足形や写真をとって、記念に残しておくのもよいでしょう。名まえをつけたら、出生届は、生後十四日以内に市区町村役場(出張所)に忘れずに届け出ましょう。
 この日の祝い膳は、ふつう赤飯に尾かしらつきです。親類を招待することもありますが、産婦の床上げはまだですし、おおげさなことより、家族で祝うことのほうがふさわしいと思います。

スポンサーリンク

 昔、自宅出産の多かったころには、この日まで助産婦さんに産湯をつかわせに未てもらい、お七夜に祝い膳をすすめて、これまでの謝礼金を渡すのがならいでした。入院出産の場合も、順調にいけば、おそくともお七夜ごろ退院になりますから、入院費や謝礼などを渡す日となりましょう。
 男の子は三十一日目、女の子は三十二回目にお宮参りをしますが、この日数は地方によって多少違うようです。昔は、赤ちゃんを夫側の祖母が抱き、祝い着をかけ、両親は準正装でつきそって、氏神様でおはらいしていただきました。もちろん現在でも同じようにする家庭もあり、神社へ申し込めばおはらいもしてもらうことができます。お礼は、祝儀袋に入れて、お初穂料と書き、渡します。
 未熟児で生まれた赤ちゃんをこのころ外へ連れ出すのは危険です。また寒い日、暑い日、風の強い日などは、健康な赤ちゃんでも遠くまで連れ出すのは無理です。赤ちゃんの健康を第一に考えましょう。祝い着も親のものがあるなどという場合はいいとしても、決して安いものではありませんから、無理して新調するより、もっとよい記念になるものを両親の工夫で残してあげることもできましょう。
 キリスト教の場合は、赤ちゃんを外出させられるようになったら、日曜日の礼拝に連れて行き、牧師に祝福の祈りをしていただくか、幼児洗礼を授けていただきます。この場合は、記念献金(金額は自由)をささげます。
 お食い初めは、おはし初めともいいますが、生後一〇〇日目、あるいは一二〇日目に(地方によって違います)赤ちゃん用の尾かしらつきの祝い膳を整え、赤ちゃんに食べるまねどとをさせます。
 お食い初め用の食器も売られていますがプラスチック製で、キャラクターが描いてあったりして、あとで離乳食器に利用できるものを使う場合が多いようです。
 生後一〇〇日目では、赤ちゃんはまだ、お乳以外は、果汁を薄めたものぐらいしか口にできませんが、このころからそろそろ離乳食への準備期間にはいりますから、赤ちゃんの成長も一段階こえたという意味があります。
 赤ちゃん誕生の記念に
 1. 足形と手形の色紙
 命名式のときでも、色紙に赤ちゃんの足形や、手形をとって、生まれたときの身長・体重を記入し、両親の指紋を添えます。
 2. 記念の植樹
 赤ちゃんが生まれたことを記念して、花や木・果樹などの苗を植えます。おりにふれて自然に接することにより、自然を愛する子どもに育つように、成長をともに喜びましょう。
 3. 写真やビデオ
 どなたでも、このときとばかり、パパの名カメラマンぶりを発揮するものです。あとの整理をきちんとしてエピソードや記録も添えておきましょう。
 4. 声のアルバム
 まず、赤ちゃんの泣き声から、そして、両親の喜びのことばをテープにとっておきます。
 5. 生まれた日の新聞
 毎年、誕生日の新聞をスクラップしておくのも、成長してから、自分の育った時代を知るなによりの記念になるでしょう。
 6. 成長の記録
 ママが赤ちゃんの毎月の成長や、そのときどきの感想を記録に残しておいて、大きくなって結婚するときに贈るのもすばらしいことです。

冠婚葬祭
妊娠ではと思ったら/ 妊娠と決まったら/ 妊娠中の健康と生活/ 流産や早産のとき/ 妊娠中の疑問/ 入院のための必要品準備/ 入院直前の注意/ 入院するときの方法/ 産後の手当と入院中の心得/ 出産と健康保険/ 妊娠や出産の困ったときの相談場所/ 出産後の退院の注意/ 新生児の扱い方/ 赤ちゃんの健康診断/ 赤ちゃんの健康管理/ 赤ちゃんを預けるとき/ 命名の知識ときまり/ 出生届の出し方/ 成長を祈る/ 出産を祝う/ 出産祝いとお返し/ 赤ちゃんを危険から守る/ 赤ちゃんの入院の費用/ 赤ちゃんにかかる費用/ 幼稚園を選ぶ/ 入園の手続きと費用/ 小学校を選ぶ/ 小学校の入学手続き/ 小学校入学の準備/ 小学校の費用/ 小学校の塾や習い事/ 中学校時代/ 高校時代/ 大学受験/ 大学はどれだけかかるか/ 奨学金/ 留学/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク