赤ちゃんを預けるとき

 おかあさんが働かなければならない場合や、病気、あるいは家族の病気などで、赤ちゃんをずっと預けたいとか、日中だけ預けたい、といったときは、児童相談所、役所の民生課、あるいは民生委員などに相談します。
 その家庭の事情によって、乳児院に預けるか、あるいは保育所にするかなど考えてくれます。

スポンサーリンク

 働きたいおかあさんが赤ちゃんをおばあちゃんに預けるのは、いちばん安心で簡単ですが、おばあちゃんのエネルギーは、やはり育児には不足といえます。そこで、働きたいおかあさんのためには、保育所や保育ママさん(家庭福祉員)などを利用したいのですが、今のところ、これらの絶対数が不足なので、つらいところです。
 預ける場合、現在のように通勤地獄の交通事情では、自宅からなるべく近い施設を選ぶことがたいせつな条件です。
 保育所には厚生労働大臣の認可を受けている保育所と、無認可保育所とがあります。
 認可保育所は子どもの年齢が満一歳(事情によって、もっと早くから預かる場合もあります)から学齢までで、三歳未満は完全給食、それ以上は主食持参です。ふつう預かる時間は午前八時から午後五時で、おむつと寝巻きを持って行きます。
 保育時間がこんなぐあいでは、多くの働くおかあさんには、まったく中途はんぱです。そのため保育時間後は近所の奥さんに預かってもらったり、近くに身内の人があれば、その人に預かってもらうなどして、おかあさん方は、それぞれに苦労しています。費用は、家庭の経済状態、子どもの年齢などによって細かく分かれています。交通費やこまどまとした雑費など、かなりかかることも考えておくべきでしょう。また地域によってもいろいろ違っています。
 無認可保育所は認可保育所の絶対数が少なく、保育時間が短いのですから、このいわば欠点を補足した無認可保育所が、設備の不十分なまま開設されているのは、いたしかたないことです。職場託児所、地域の共同保育所(団地保育所)、家庭保育所などで小さい所では保育児人数、保母ひとりなどという所もありますが、いずれにしても、必要ぎりぎりに追いつめられてできたものですから真剣です。
 産休あけの乳児から、二、三歳ぐらいまで預かる所が多く、保育時間は午前八時から午後六時ごろまでです。夜間勤務の職場(看護婦や電話交換手など)に働くおかあさんのために、夜間保育所を作っている所もあります。これは私設の職場保育所や無認可保育所の一部で行なっています。
 無認可保育所の場合、おむつ・寝巻きのほかに、寝具持参という所が多くなっています。
 無認可保育所の数がふえ、存在を無視し得なくなって、東京都などでは無認可保育所へ委託金を出しています。家庭の保育に欠ける子どもに、日々の補助を出して無認可保育所へ委託するものです。最近は、各市区町村も委託金を出しています。
 くわしいことは、近くの福祉事務所や社会福祉協議会、役所の福祉課・民生局などに問い合わせてください。地域により、また保育所によって、費用や時間その他の条件がいろいろと違っています。
 家庭福祉員とは、東京都が昭和三十五年から実施した、いわゆる保育ママ制度です。保母とか助産婦とか一定の資格や育児の経験を持った女性に都が委託して、その自宅で子どもを預かる制度です。子どもは、生後六週間から三歳未満までで、食費・おむつ・寝巻き・寝具は持参で、預かる時間は午前八時から午後五時までです。時間その他の都合は預ける人と、預かる人の話し合いで、費用もそれによって変わります。
 家庭福祉員は東京都の場合は市区町村の役所に登録されていますが、申し込みは福祉事務所か児童課へします。大阪・神戸・京都・神奈川などでも、同じような制度を行なっています。扱う窓口は福祉事務所、民生局などとちがっていますが、近くの役所に間けばわかります。
 施設を利用したいとき、お願いしてすぐ引き受けてもらえるものではありません。妊娠中から捜して予約しておくぐらいの余裕をみておかないと、頼みたい時期には間に合いません。
 また、預けた以上は施設に協力して、施設をもりたてていきましょう。

冠婚葬祭
妊娠ではと思ったら/ 妊娠と決まったら/ 妊娠中の健康と生活/ 流産や早産のとき/ 妊娠中の疑問/ 入院のための必要品準備/ 入院直前の注意/ 入院するときの方法/ 産後の手当と入院中の心得/ 出産と健康保険/ 妊娠や出産の困ったときの相談場所/ 出産後の退院の注意/ 新生児の扱い方/ 赤ちゃんの健康診断/ 赤ちゃんの健康管理/ 赤ちゃんを預けるとき/ 命名の知識ときまり/ 出生届の出し方/ 成長を祈る/ 出産を祝う/ 出産祝いとお返し/ 赤ちゃんを危険から守る/ 赤ちゃんの入院の費用/ 赤ちゃんにかかる費用/ 幼稚園を選ぶ/ 入園の手続きと費用/ 小学校を選ぶ/ 小学校の入学手続き/ 小学校入学の準備/ 小学校の費用/ 小学校の塾や習い事/ 中学校時代/ 高校時代/ 大学受験/ 大学はどれだけかかるか/ 奨学金/ 留学/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク