妊娠や出産の困ったときの相談場所

 生まれたときの体重が二、五〇〇グラム以下のときは、すぐ保健所へ届け出ることになっています。届け出ると保健婦が訪問指導してくれますし、入院が必要なら指定病院を紹介してくれます。

スポンサーリンク

 市区町村役場では、生活保護を受けている世帯・前年度住民税非課税世帯・前年分の所得税非課税世帯の妊婦に出産した月まで、産婦には三か月間、赤ちゃんには別に体重一〇パーセンタイル値以下の者(母子健康手帳を参照)、健康診査の結果、医師により栄養強化を行なうことが必要と認められた者、のどちらかに該当すれば、生後四か月目から九か月間、牛乳か粉ミルクを無料で支給します。
 市区町村役場に申し出て手続きします。
 親の手もとで育てられないときは、児童相談所か福祉事務所、または民生委員に相談すると、乳児院にあずけられるように手続きしてくれます。費用は収入に応じて軽減されます。
 生まれつきの病気のときは保健所へ連絡して聞いてください。無料で相談にのってくれ、育成医療として指定の病院で手術を含む治療が受けられます。費用も、だいぶ公費でまかなってくれます。
 盲、ろう、精神薄弱、虚弱、肢体不自由、重症心身障害児のための施設はまだまだ残念ながら不十分で、お役所仕事には不信感があり、たとえば児童相談所や福祉事務所は、まず最初に利用してほしい所なのに、なかなか足が向かないようです。しかし、施設をふやす働きかけのためにも、一度は相談に行ってください。
 また、こうした子どものために民間の小児療育相談センターが開設されています。ここでは自閉症や情緒障害、言語障害児などを中心にして、どんな障害でも、診断や相談が受けられます。
 さらに自閉症児を持つ親の会の全国大会が行なわれるなど、同じ障害児を持って悩む親たちが、いろいろな組織を作り、励まし合って施設をつくる運動をしています。保健所や児童相談所、日本肢体不自由児協会に問い合わせてみてください。

冠婚葬祭
妊娠ではと思ったら/ 妊娠と決まったら/ 妊娠中の健康と生活/ 流産や早産のとき/ 妊娠中の疑問/ 入院のための必要品準備/ 入院直前の注意/ 入院するときの方法/ 産後の手当と入院中の心得/ 出産と健康保険/ 妊娠や出産の困ったときの相談場所/ 出産後の退院の注意/ 新生児の扱い方/ 赤ちゃんの健康診断/ 赤ちゃんの健康管理/ 赤ちゃんを預けるとき/ 命名の知識ときまり/ 出生届の出し方/ 成長を祈る/ 出産を祝う/ 出産祝いとお返し/ 赤ちゃんを危険から守る/ 赤ちゃんの入院の費用/ 赤ちゃんにかかる費用/ 幼稚園を選ぶ/ 入園の手続きと費用/ 小学校を選ぶ/ 小学校の入学手続き/ 小学校入学の準備/ 小学校の費用/ 小学校の塾や習い事/ 中学校時代/ 高校時代/ 大学受験/ 大学はどれだけかかるか/ 奨学金/ 留学/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク