出産と健康保険

 今日では医療のほとんどが健康保険で受診できますが、ふつうの妊娠、出産の場合は病気ではないということで、妊娠中の検診の費用をはじめ、分娩料や入院費などには健康保険が適用されないことになっています。

スポンサーリンク

 異常があって、治療や手術などの医療行為を行なった場合は、保険扱いになります。たとえば、胎盤早期剥離といった緊急事態が起こって帝王切開をしたとすると、手術料と注射料などは保険扱いとなり、分娩介助料金が自己負担になります。また、鉗子分娩のような場合、分娩費は手術料として保険扱いになりますが、あとの経過が正常ならば、入院料は保険扱いになりません。このように、保険扱いになるのは、医師の判断で医師が必要と認めた手術、注射、入院などの治療だけです。しかも分娩の経過は、入によってまったく違いますから、医師の判断もケース・バイ・ケースになってくるので、保険扱いになるかどうかは、担当の医師にまかせなければなりません。
 患者側としては、病院に健康保険証を提出しておくことがたいせつです。保険扱いは、健康保険証を窓口に提出したときから適用されることになっています。せっかく保険扱いになる治療を受けても、保険証を提出しなかったたぬに自費扱いとなってしまうこともありますから注意してください。
 生まれた赤ちゃんが未熟児だったり、病気だったりした場合も保険扱いになりますから、できるだけ早く扶養家族としての申請手続きをします。
 健康保険に加入している本人や被扶養者が出産したときは、分娩給付金(分娩が妊娠四か月後なら流産や死産でも出る)や育児手当金などが支給されます。
 社会保険、共済組合保険、国民健康保険など、加入している保険の種類によって、名称はまちまちですが、請求用紙が勤務先の事務所にありますから、それに記入し、医師か助産婦、それに事業主の証明を受けて組合に提出します。

冠婚葬祭
妊娠ではと思ったら/ 妊娠と決まったら/ 妊娠中の健康と生活/ 流産や早産のとき/ 妊娠中の疑問/ 入院のための必要品準備/ 入院直前の注意/ 入院するときの方法/ 産後の手当と入院中の心得/ 出産と健康保険/ 妊娠や出産の困ったときの相談場所/ 出産後の退院の注意/ 新生児の扱い方/ 赤ちゃんの健康診断/ 赤ちゃんの健康管理/ 赤ちゃんを預けるとき/ 命名の知識ときまり/ 出生届の出し方/ 成長を祈る/ 出産を祝う/ 出産祝いとお返し/ 赤ちゃんを危険から守る/ 赤ちゃんの入院の費用/ 赤ちゃんにかかる費用/ 幼稚園を選ぶ/ 入園の手続きと費用/ 小学校を選ぶ/ 小学校の入学手続き/ 小学校入学の準備/ 小学校の費用/ 小学校の塾や習い事/ 中学校時代/ 高校時代/ 大学受験/ 大学はどれだけかかるか/ 奨学金/ 留学/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク