妊娠中の疑問

 最近は、自分と夫との血液型が違うけれど、子どもが無事生まれるでしょうか、という相談が多いそうです。たしかに以前は、血液型不適合の結果、新生児黄疸がひどく、脳性小児まひになったり、生命が危険にさらされることもありましたが、現在では、予訪中治療法が進歩して、ほとんどみられなくなりました。

スポンサーリンク

 血液型には、ABO型とかRH型とかがありますが、夫と妻の血液型の組み合わせ方によっては、不適合が生じる場合があるのです。
 たとえば、父親がRH(+)、母親がRH(-)で、胎児がRH(+)であった場合。母の血液には、前に妊娠や輸血をしたことがあると、RH(+)という抗原に対して抗体ができていることがあります。その抗体が胎児の血液内に移ると、RH(+)の抗原と抗体との間に反応が起こって血液が壊れてしまう、つまり新生児溶血性疾患が起こるのです。生まれた赤ちゃんが重症黄疸になり、ときには脳核黄疸を起こし、助かっても脳性まひという不幸な場合が多くなります。
 ただ不適合の組み合わせでも、第一子は正常に生まれること、第二子以後に対しては、抗体ができるのを予防する注射ができたことなどのため、現在では、ほとんど心配することはありません。
 O型の母親にA型またはB型の子ができた場合に不適合が起こり、生まれた赤ちゃんが重症黄疸になることがありますが、その他の組み合わせでは、まず起こりません。ただABO型不適合では、頻度も少なく、黄疸も軽く、初産でも経産でも同じ率で見られ、連続して不適合になる率も低いので、あまり心配はいりません。
 どちらの不適合も検査でわかりますから、以前に重症黄疸で子どもを死なせたとか、流・早産の経験があるとか、血液型で不適合の現われる可能性がある人は、必ず検査を受けます。
 検査の結果、不適合ということがわかると、生後すぐ、新生児の血液を交換して、不適合による障害を防ぐことができます。ですから、検査の結果、心配のある場合は、設備の整った病院・産院で妊娠中から経過を診てもらうのが最上の方法です。
 初めての妊娠だと、お産がどんなに痛いものか、想像するだけで不安になってきます。そこで妊婦の関心の的になっているのが無痛分娩ですが、これには、大きくわけて、薬を使う無痛分娩と、薬を使わない無痛分娩があります。
 お産の痛みは無知と不安のあるときに強く感じ、理解と安心感があれば和らげられるという考え方にもとづいて、妊婦に、お産の知識と必要な動作をあらかじめ覚えさせ、自信を持たせることによって、精神的にお産を楽にすませる方法です。この場合は、病院や保健所などで開かれている母親学級で、前もって指導をよく受けておくことが必要です。
 陣痛の痛みを、麻酔薬によって、感じさせなくする方法ですが、まったく無痛にする方法と、陣痛の強いときや、最後の娩出のときだけ麻酔を使って痛みを和らげたり、陣痛はそのままで、産道付近の痛みだけとるといった方法があります。
 これらの方法は、どの方法が最上ということはなく、医師や産院の考え方や設備によって使い分けられているので、自分のかかっている医師や産院の指導に従うことになりますが、最近は薬の力に頼らず、自分の力で産む方法が主流となっています。
 薬を用いても、まったく無痛にするには、高度の技術と設備が必要で、赤ちやんにも麻酔薬がきいて、眠ったまま生まれてきたりしたときは、熟練した医師の技術が必要ですので、どこでも行なっているわけではありません。ですから、もし麻酔による完全な無痛分娩を希望するなら、そういう産院に行くことが必要です。

冠婚葬祭
妊娠ではと思ったら/ 妊娠と決まったら/ 妊娠中の健康と生活/ 流産や早産のとき/ 妊娠中の疑問/ 入院のための必要品準備/ 入院直前の注意/ 入院するときの方法/ 産後の手当と入院中の心得/ 出産と健康保険/ 妊娠や出産の困ったときの相談場所/ 出産後の退院の注意/ 新生児の扱い方/ 赤ちゃんの健康診断/ 赤ちゃんの健康管理/ 赤ちゃんを預けるとき/ 命名の知識ときまり/ 出生届の出し方/ 成長を祈る/ 出産を祝う/ 出産祝いとお返し/ 赤ちゃんを危険から守る/ 赤ちゃんの入院の費用/ 赤ちゃんにかかる費用/ 幼稚園を選ぶ/ 入園の手続きと費用/ 小学校を選ぶ/ 小学校の入学手続き/ 小学校入学の準備/ 小学校の費用/ 小学校の塾や習い事/ 中学校時代/ 高校時代/ 大学受験/ 大学はどれだけかかるか/ 奨学金/ 留学/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク