線引小切手の利用

 私達はよく、線引小切手とか横線小切手とかいうことばを使っていますが、これらは、必ずしも正しく理解されていないようです。線引小切手は、小切手の危険防止のために、ぜひとも必要なもので、これを正しく理解しておくめは、いざというときに十分に役立つことでしょう。

スポンサーリンク

 小切手に二条の平行線を引いたものを線引小切手(または横線小切手)といっています。ただ単に二本の線を引いただけのもの、および、二本の線の中にただ「銀行渡り」「Bank」ごと書いただけのものを一般線引小切手(または普通線引小切手)といい、二本の線の中に特定の銀行名まで書いたものを特定線引小切手といっています。
 どうして線引にするかといいますと、それは、支払先を限定して、だれに支払ったかがわかるようにするためです。例えば、小切手は持参人払いが原則ですから、拾ったり盗んだりした人でも、銀行へいって現金にかえることもできます。しかし、一般線引小切手にしておくと、銀行は、自分の取引先および他の銀行に対してしか小切手金額を支払ってはなりません。ですから、小切手を拾ったり盗んだ人が、支払銀行と取引していない限り、小切手の支払いを受けることができません。また、仮りに支払いを受けるために、その銀行と取引のある第三者に取立を委任しても、支払先が銀行に明らかである以上、被害の回復を容易に行うことができます。
 つまり、線引小切手は、盗難、紛失の際の被害の予防に効果があるわけです。
 特定線引小切手の場合ですが、支払銀行は、自行の取引先に対しても、その小切手金を支払うことができなくなり、平行線内に書かれた銀行に対してだけ、小切手金を支払うことになります。
 つまり、一般線引き小切手の場合より、さらに支払先が限定されているわけです。ですから、相手も同じ銀行の同じ支店と取引がある場合などは、事故防止の上では万全を期すことができますが、そうでない場合は、わざわざ特定の銀行まで足を運ぶか取立委任に回さざるをえなく、決済に時間がかかります。
 線引小切手を受取った人は、まず一〇日以内に、自分の取引銀行に呈示します。取引銀行の窓口を経て交換に回され、支払銀行から、自分の取引銀行の口座に入金になり、小切手の換金が完了します。つまり、受取人も、その場では直接現金を手にすることはできず、自分の口座を通じて受取るわけです。ここが「銀行渡り」といわれるゆえんで、入金は呈示した翌日となりますが、落としたり、盗難にあっても、現金化されることはありませんから安心です。
 なお、線引の指定は、振出人だけとは限りません。線引していない小切手を受取った人が、その後線引しても一向にかまいません。また、この場合、ゴム印でも、手書きでも有効で、さらに振出人に承諾を得る必要もありません。
 しかし、いったん線引された小切手を抹消したり、変更することはできません。たとえ訂正印を押しても、やはり線引小切手は線引小切手としてあつかわれることになります。まだ、小切手上に、二つ以上の特定線引がある場合は、小切手そのものは無効とはなりませんが、支払銀行は支払いを拒否することになります。ただし、その内の一つが、手形交換所における取立ての委任のためになされたものであれば、その取立てを委任された銀行に支払ってもよいことになっています(小切手法三八条四頂)。

冠婚葬祭
損害賠償とは何か/ 不法行為による損害賠償/ 一般的な不法行為の成立要件/ 特殊の不法行為責任/ 不法行為の効果/ 債務不履行による損害賠償責任/ 国または公共団体の損害賠償責任/ 慰謝料とは/ 株式会社とその経営/ 株式の知識/ 株式譲渡の制限/ 株式会社の機関/ 代表取締役の権限と責任/ 支配人の権限と責任/ 新株・社債による資金調達/ 企業をめぐる犯罪/ 企業責任の問題/ 製造物責任について/ 身元保証人の責任/ 個人事業と相続の問題/ 労働者派遣法とは/ 労働者派遣、出向、請負、業務委託の区分/ 労働者派遣事業の許可と届出/ 派遣契約と雇用契約の条件明示/ 採用と内定取消し/ 服務規律/ 就業規則/ 異動・転勤/ 解雇・退職/ 制裁(懲戒)/ 労働時間について/ 賃金について/ 女子労働者の特例/ 年少労働者の保護/ 労働組合について/ 労働組合への支配介入について/ 職場で知っておきたいこと/ 約束手形の振出し/ 白地手形/ 手形の保証/ 裏書の実際/ 裏書の効力/ 手形の取立て/ 手形の不渡と遡求/ 手形遡求の要件/ 手形訴訟の手続/ 手形の紛失と盗難/ 為替手形と約束手形の違い/ 為替手形の振出し/ 為替手形の引受呈示/ 小切手の利用法/ 小切手の振出と支払呈示/ 線引小切手の利用/ 小切手の不渡と遡求/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク