手形の紛失と盗難

 手形や小切手を紛失したり、盗まれたりした場合には、支払銀行に対してただちに事故届を提出することが大切です。
 未記入の手形・小切手用紙を紛失したり盗まれた場合も、ただちに事故届を出すことです。印鑑も同時に紛失したり盗まれたりしたら、改印届も同時に提出するようにします。
 また、手形などの所持人が紛失したり盗まれた場合には、振出人から支払銀行に対し事故届を出してもらうようにします。

スポンサーリンク

 銀行は事故届を受けた後では、手形の支払呈示があっても支払いをしません。
 手形・小切手を喪失した場合の手続を簡単に述べてみます。
 1. 銀行に事故届を提出する。
 2. 警察に紛失届、盗難届を提出し、その証明書をもらう。
 3. 新聞公告を出す。これは法律的な効果はありませんが、公告を見た人が手形を受取るうとしなくなるのを期待するものです。
 4. 裁判所に公示催告の申立を行う。
 5. 裁判所に除権判決の申立を行う。
 手形や小切手などを紛失したり、盗まれたりした場合、まず支払銀行に事故届を提出しますが、これはあくまでも一時的な処置といえます。事故届は額面金額の支払いを停止してもらうためのものだからです。
 そこで、紛失もしくは盗難などにあった手形・小切手を法律的に無効にし、またその所持人(受取人)は、支払を受ける権利を行使できるようにしなければなりません。
 喪失した手形・小切手を無効にするための法律的な手続が公示催告の申立です。
 公示催告というのは、喪失した手形、小切手を占有する者がもしいれば、六ヵ月以内に屁出るように催告し、屁出る者がいなかった場合には、その手形、小切手を無効にしますと裁判所が公示するものです。
 申立書は、必要書類を添付して、支払地を管轄する簡易裁判所に提出します。申立を受理した裁判所は、官報その他に公示催告することになります。
 前述の六ヵ月の公示催告期間を経ても、手形、小切手を占有する者が現れない場合は、公示申立人は除権判決の申立てを行います。そして、裁判所の除権判決が出ますと、喪失した手形は無効となり、その手形、小切手を持っていても支払を受ける権利がなくなります。
 また喪失者は手形を呈示しなくても、支払人に対して手形、小切手上の権利を行使することができるようになるわけです。

冠婚葬祭
損害賠償とは何か/ 不法行為による損害賠償/ 一般的な不法行為の成立要件/ 特殊の不法行為責任/ 不法行為の効果/ 債務不履行による損害賠償責任/ 国または公共団体の損害賠償責任/ 慰謝料とは/ 株式会社とその経営/ 株式の知識/ 株式譲渡の制限/ 株式会社の機関/ 代表取締役の権限と責任/ 支配人の権限と責任/ 新株・社債による資金調達/ 企業をめぐる犯罪/ 企業責任の問題/ 製造物責任について/ 身元保証人の責任/ 個人事業と相続の問題/ 労働者派遣法とは/ 労働者派遣、出向、請負、業務委託の区分/ 労働者派遣事業の許可と届出/ 派遣契約と雇用契約の条件明示/ 採用と内定取消し/ 服務規律/ 就業規則/ 異動・転勤/ 解雇・退職/ 制裁(懲戒)/ 労働時間について/ 賃金について/ 女子労働者の特例/ 年少労働者の保護/ 労働組合について/ 労働組合への支配介入について/ 職場で知っておきたいこと/ 約束手形の振出し/ 白地手形/ 手形の保証/ 裏書の実際/ 裏書の効力/ 手形の取立て/ 手形の不渡と遡求/ 手形遡求の要件/ 手形訴訟の手続/ 手形の紛失と盗難/ 為替手形と約束手形の違い/ 為替手形の振出し/ 為替手形の引受呈示/ 小切手の利用法/ 小切手の振出と支払呈示/ 線引小切手の利用/ 小切手の不渡と遡求/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク