製造物責任について

 最近、製造物責任という言葉がさかんに使われています。製造物責任とは、基本的には買主と直接に契約関係に立っていない生産者、販売者などに対し、売主としての製造物の欠陥に対する責任を問題とするものです。現代の高度な工業社会における商品販売機構は、閉鎖的かつ秘密的に運営され、被害者である消費者には、欠陥商品の原因を解明することが困難になっています。しかし、製造物の欠陥は消費者の健康、生命という人身に直接かかわってくる問題であり、この意味からも企業に厳しい責任を求めなければならないわけです。企業に対する厳しい責任追及は、企業の積極的な安全な商品開発への投資を導き、結果的に製造物責任事故を減少させているといえるでしょう。

スポンサーリンク

 既存の法制度の中で、製造物責任を追及するには、民法七〇九条の一般不法行為による救済が最も適切です。そして、製造者が法人であっても、法人の代表者の不法行為責任を定めた民法四四条や、被用者の行為に対する使用者責任を定めた同法七一五条適用は問題にはしません。企業自体が人的、物的に充分対応できなかったことによる企業自体の過失として、企業に民法七〇九条の責任を認めるべきだということです。
 しかしながら、民法七〇九条の一般不法行為は、製造物の欠陥、製造者の過失、因果関係などの裁判における立証責任(裁判で勝つためには証拠により証明する必要があり、証明できないと敗訴する責任)はすべて被害者に負わせています。この立証責任は一般消費者にとり非常に難しく、ほとんど不可能といっても過言ではありません。そこで被害者の立証責任を軽減し、被害者の保護をはかる必要が生じ、判例においてもそのための理論構成が認められてきたのです。
 まず、製造物の欠陥ですが、この欠陥とは、物が通常備えるべき性質、機能を欠くことにより、消費者の生命、身体、あるいは財産に対し積極的な侵害を加える可能性がある危険な性状をさしています。こうした欠陥は生産、流通の各過程においていろいろな類型でおこりうるので、被害者が欠陥の存在及びどの段階で作出されたかを立証するのは非常に困難です。したがって1.「製造物の適正な使用において、その使用から通常生ずべきでない性質の損害が発生したこと」を被害者が立証したなら、それはその製造物に欠陥があったと推定され、また2.「製造後、相当な使用期間内に損害が発生した」ときは、製造者の段階で欠陥が発生したと推定されるわけです。したがって、一般消費者としては、まず右の1.2.を立証すればよいのです。
 次に製造者等の過失ですが、この過失とは、人の安全を損なうような欠陥商品を不注意に作り出さない義務を負うにもかかわらず、これを怠ったということです。被害者は専門的知識を欠くのに対し、製造者は専門的知識並びに能力を有するのです。また、商品の欠陥は通常、製造ないし商品検査などの過程における製造者の過失に基づく場合が多いのです。そこで、前述の欠陥が認定されこれが立証されたなら、これは製造者の過失を推定し反証のない限り、製造者に責任が負わされることになるのです。
 また、被害者は欠陥と損害との因果関係も立証しなければなりませんが、これについては被害者は、因果関係存在の蓋然性を証明すればたり、それが立証できたなら、製造者において反証をあげて因果関係の不存在を証明しなければ責任を免れません。この理論を蓋然性説といっています。

冠婚葬祭
損害賠償とは何か/ 不法行為による損害賠償/ 一般的な不法行為の成立要件/ 特殊の不法行為責任/ 不法行為の効果/ 債務不履行による損害賠償責任/ 国または公共団体の損害賠償責任/ 慰謝料とは/ 株式会社とその経営/ 株式の知識/ 株式譲渡の制限/ 株式会社の機関/ 代表取締役の権限と責任/ 支配人の権限と責任/ 新株・社債による資金調達/ 企業をめぐる犯罪/ 企業責任の問題/ 製造物責任について/ 身元保証人の責任/ 個人事業と相続の問題/ 労働者派遣法とは/ 労働者派遣、出向、請負、業務委託の区分/ 労働者派遣事業の許可と届出/ 派遣契約と雇用契約の条件明示/ 採用と内定取消し/ 服務規律/ 就業規則/ 異動・転勤/ 解雇・退職/ 制裁(懲戒)/ 労働時間について/ 賃金について/ 女子労働者の特例/ 年少労働者の保護/ 労働組合について/ 労働組合への支配介入について/ 職場で知っておきたいこと/ 約束手形の振出し/ 白地手形/ 手形の保証/ 裏書の実際/ 裏書の効力/ 手形の取立て/ 手形の不渡と遡求/ 手形遡求の要件/ 手形訴訟の手続/ 手形の紛失と盗難/ 為替手形と約束手形の違い/ 為替手形の振出し/ 為替手形の引受呈示/ 小切手の利用法/ 小切手の振出と支払呈示/ 線引小切手の利用/ 小切手の不渡と遡求/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク