隣りの庭木の枝や根が越境している場合

 隣りのポプラの木の枝が私の土地側まで繁っています。それについては、私は別段かまわないのですが、夏になるとポプラの芽に毛虫がついて、私の敷地に落ちてきて困ります。せり出している枝を切り取ってしまいたのですが、私が勝手に切っていいものでしょうか。

スポンサーリンク

 土地の境界には、生垣など竹や木が植えられることが多いようです。そのため、竹木の枝や根に関するトラブルも少なくありません。民法二三三条は、竹や木の枝または根の越境に関して規定し、枝の越境と根の越境を分けています。
(1)竹木の枝が越境しているとき
 まず、竹や木の枝が越境した場合は、その竹木の所有者に対して、越境してきた枝を切り取ることを請求することができます。なぜなら、竹本の越境は、一種の所有権の侵害になるからです。
 しかしながら、この請求に対して、その所有者が応じてくれない場合は、勝手に切り取ることはできません。この場合は、裁判所に判断を求めることになりましょう。
 ところで、何でも自由に枝を切り取ることを請求できるかというとそうではありません。枝が越境していても、それによって格別の損害が生じていない場合、または将来も妨げられるおそれのない場合は、切り取り請求は、権利の濫用として、許されません。それに、切り取ったことによって、竹木の所有者のこうむる損害が非常に大きい場合も同じです。例えば、枝ぶりのいい松の木の大半の枝を切り取ることは、常識的にみても許されないといえます。
 もっとも、枝が繁って日照りが悪くなるとか、毛虫が出る、洗濯物が干せない、などの場合は、当然、その切り取りを請求できます。つまり、何らかの損害が生じたか生じるおそれがある必要があるわけです。
 また、越境してきた枝葉を、どの程度切り取ることを求められるかというと、なかなかむずかしい問題です。越境部分すべてを切り取れるかというとそうでもないでしょう。判例では「当事者双方の具体的利害を充分に較量してその妥当な範囲を定めなければならないと解すべきである」(新潟地裁判決・昭和39・12・22)としています。
 切り取りの請求をしても、隣りがいっこうに応じてくれない場合は、どうすればよいでしょう。いくら応じなくても被害者側が自由に切り取ることはできません。この場合は、越境している枝をひもで結ぶとか、方向を矯正するとか、薬剤を散布するなどの処置は当然認められるでしょう。
(2)竹木の根が侵入しているとき
 竹木の根は、枝と違って、境界を越えてきた部分を、その所有の承認なしで切り取ることができます(民法二三三条二項)。これは、根が枝よりも価値が低いと考えられ、また隣地に入らないでも切り取れるからだと解せられています。
 しかし、勝手に切り取れるといっても、その竹木がたいした損害を受けない場合はともかく、木が枯れたりするような方法は、権利の濫用となるでしょう。もっとも、たくさんある竹が一本枯れたという場合は、当然これにはあたらないでしょう。また、高価な庭木の根元近くから、根をばっさりと切り取ることは、やはり権利の濫用といわねばなりません。
(3)隣りの果実が落ちてきた
 例えば、隣りの柿の実が自分の庭に落ちてきたとします。果して、この柿の実は誰の物なのでしょうか。
 日本の民法では、隣地へ落ちた果実についての規定はありません。ドイツの民法では、その土地の果実としていますが、日本の場合は、庭木の所有者のものと考えられています。勝手にとって食べてはいけないわけです。
(4)エアコン室外機が越境している
 狭い日本の住宅事情を考えますと、よくある事例でしょう。エアコンは建物と違って、取りはずしが簡単です。ですから、それを撤去することによって生じる隣人の損害と、設置されることによって生じる騒音や温風などの被害を比べると、エアコンを取りはずすことを請求することは、正当な権利だといえます。エアコン室外機の土台は隣地でも、本体が越境しているとか、二階のエアコンが飛び出しているとかいう場合も同じです。つまり、土地の所有権というのは、土地の上下に及ぶわけです。

冠婚葬祭
借地借家と法律/ 賃貸借契約の実際/ 借地・借家の期間・更新/ 貸主借主の交替/ 賃料の決定と値上げ/ 借地・借家権の消滅原因/ 売場・店舗の賃貸/ 社宅契約と立退/ 借地・借家権の相続/ 借地・借家紛争の解決/ 不動産取引の基礎知識/ 売買契約を結ぶ前に/ 売買物件の調査及びその価格評価/ 契約書の作成/ 売買契約の締結/ 特殊な不動産の売買/ 分譲マンション/ 分譲マンション購入の事前調査/ マンションの売買契約の締結/ マンションの所有関係/ 欠陥マンションの問題/ マンション管理の法律/ 管理組合と規約/ 共用部分の管理/ 公営・公団住宅/ 公営住宅の申込み/ 公団住宅の申込から入居/ 公営住宅の相談/ 公団住宅の相談/ 新築・増改築の手続き/ 新築プラン/ 建築請負契約の締結/ 工事紛争の解決法/ 宅地に対する規制/ 家に対する規制/ 住宅ローン/ 住宅ローンの利用手続き/ 住宅ローン相談/ 区画整理とその対策/ 土地収用とその対策/ 不動産取引業者の知識/ 登記の効力/ 登記の手続き/ いろいろな登記の実際/ 身近な紛争の解決/ 境界の問題/ 越境したままの建物/ 建築中の越境建物/ 公図と境界が違っている/ 公図は正確か/ 隣りの庭木の枝や根が越境している場合/ 塀の設置について/ 塀の保存と修繕の費用/ 境界の土留工事の費用/ 道路の問題/ 改築における通行権/ 通行地役権の時効取得/ 民法と建築基準法の規定/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク