建築中の越境建物

 もし、隣りが、越境建物を建築中で、いくら抗議しても工事を中止してくれない場合は、どう対処すればよいでしょうか。

スポンサーリンク

 いったん建物が完成してしまうと、その除去は非常にむずかしいものになります。ですから、建物ができる前に何とか対策を考えなければなりません。
(1)建築工事中止の仮処分の申請
 まず考えられるのは、ひとまず建築中の建物の完成をおさえる方法として、裁判所に建築工事中止の仮処分を申請することです。この仮処分が出ますと、隣人は工事を中止しなければなりません。
 (2)妨害排除の請求
 これは、土地所有権に基づくもので、所有権の行使を妨げられている場合、その侵害者に対して妨害の排除(越境建築の除去)を求めることができます。
 しかし、この請求が常に認められるとは限りません。たとえ越境建築であっても、その除去によってこうむる隣人の損失と、妨害された土地所有者の損失を比べてみて、隣人の損失がはるかに大きい場合は、妨害排除の請求は権利の濫用ということになり認められません。
 もっとも、事例のように、再三抗議しても隣人が知らんぷりしているような状況では、当然、妨害排除の請求は認められることになります。
 この請求は民法二三四条二項を類推して工事着手より一年以内に行わなければならないという有力な説があります。ともあれ工事着手後、時間が経過するほど妨害排除による原状回復が困難になるといえます。
(3)不動産侵奪罪で訴える
 土地の境界を不明にする行為は不動産侵奪罪(刑法二三五条の二)に該当します、再三、工事中止を申し入れても、それに隣人が応じない場合は、これで告訴することもできるわけです。

冠婚葬祭
借地借家と法律/ 賃貸借契約の実際/ 借地・借家の期間・更新/ 貸主借主の交替/ 賃料の決定と値上げ/ 借地・借家権の消滅原因/ 売場・店舗の賃貸/ 社宅契約と立退/ 借地・借家権の相続/ 借地・借家紛争の解決/ 不動産取引の基礎知識/ 売買契約を結ぶ前に/ 売買物件の調査及びその価格評価/ 契約書の作成/ 売買契約の締結/ 特殊な不動産の売買/ 分譲マンション/ 分譲マンション購入の事前調査/ マンションの売買契約の締結/ マンションの所有関係/ 欠陥マンションの問題/ マンション管理の法律/ 管理組合と規約/ 共用部分の管理/ 公営・公団住宅/ 公営住宅の申込み/ 公団住宅の申込から入居/ 公営住宅の相談/ 公団住宅の相談/ 新築・増改築の手続き/ 新築プラン/ 建築請負契約の締結/ 工事紛争の解決法/ 宅地に対する規制/ 家に対する規制/ 住宅ローン/ 住宅ローンの利用手続き/ 住宅ローン相談/ 区画整理とその対策/ 土地収用とその対策/ 不動産取引業者の知識/ 登記の効力/ 登記の手続き/ いろいろな登記の実際/ 身近な紛争の解決/ 境界の問題/ 越境したままの建物/ 建築中の越境建物/ 公図と境界が違っている/ 公図は正確か/ 隣りの庭木の枝や根が越境している場合/ 塀の設置について/ 塀の保存と修繕の費用/ 境界の土留工事の費用/ 道路の問題/ 改築における通行権/ 通行地役権の時効取得/ 民法と建築基準法の規定/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク