越境したままの建物

 隣家は現在、子供部屋の増築中です。しかし、どうも私の土地まで屋根が出ているように思えます。日頃世話になっている隣家のことですから、あまり文句もいいたくないのですが、こうした越境建築をそのまま認めていたら、法律的にはどういったことになるのでしょうか。

スポンサーリンク

 隣りの庭がこちら側にせり出していて、どうしても越境しているようだとか、越境して家を建てられ、そのままになっている、などという事例はけっこう多いものです。しかし、これは、ちゃんと対策を打っておかないと、時効取得といっていつの間にか、自分の土地が、他人のものになってしまいます。
 民法一六二条は、一定期間継続して他人の土地を所有の意志をもって平穏かつ公然に占有すると、時効によりその土地の所有権を取得できるとしています。この一定期間には、一〇年と二〇年の二つがあります。
 土地を占有する初めにおいて善意でかつその土地が自分のものだと信じるにつき過失がなかった場合は一〇年、その土地が他人ねものと知っていたり、または知らないけれども知り得べき状態にあった場合には二〇年となります。
 土地の時効取得を防ぐためには、時効の中断という手続が必要となります。時効の中断となる事由には、請求、差押、仮差押または仮処分、承認、の三つがあります。
 庭がせり出している場合などは、お互いに境界を確認して、後退してもらうように請求することは簡単でしょう。
 しかし、建物などがすでに建築されてしまっていれば、少々問題は複雑です。
 この場合はいろいろなケースが考えられます。
 あまりにも悪質な越境建物である場合は、当然のこととして、その除去(原状回復)を請求することもできましょう(妨害排除の請求)。
 しかし、大部分の隣人は、それを自分の土地だと信じて家を建てているはずですから、わずかに越境して建築された建物のうち越境している部分だけを取壊し除去(原状回復)を求めることは、隣人に社会経済上多大の負担を与えることになり、非常に困難です。こうした場合は越境部分の使用について、賃貸借の契約を結ぶ、越境部分を使用貸借(無料で貸す)として、新築・改築の際にこれを返還する契約を結ぶ、などという解決策が取られることになります。
 ともかく、その建物が越境していることを隣人に認めさせることが大事です。この場合、必ず、契約書なり、念書なりを作成するようにします。
 いずれにせよ、このような問題はむずかしい上に、当事者の人間関係などから紛糾することが多いようです。当事者で、話し合いによる解決ができない場合は、弁議士など専門家に判断をあおぐことが大切でしょう。

冠婚葬祭
借地借家と法律/ 賃貸借契約の実際/ 借地・借家の期間・更新/ 貸主借主の交替/ 賃料の決定と値上げ/ 借地・借家権の消滅原因/ 売場・店舗の賃貸/ 社宅契約と立退/ 借地・借家権の相続/ 借地・借家紛争の解決/ 不動産取引の基礎知識/ 売買契約を結ぶ前に/ 売買物件の調査及びその価格評価/ 契約書の作成/ 売買契約の締結/ 特殊な不動産の売買/ 分譲マンション/ 分譲マンション購入の事前調査/ マンションの売買契約の締結/ マンションの所有関係/ 欠陥マンションの問題/ マンション管理の法律/ 管理組合と規約/ 共用部分の管理/ 公営・公団住宅/ 公営住宅の申込み/ 公団住宅の申込から入居/ 公営住宅の相談/ 公団住宅の相談/ 新築・増改築の手続き/ 新築プラン/ 建築請負契約の締結/ 工事紛争の解決法/ 宅地に対する規制/ 家に対する規制/ 住宅ローン/ 住宅ローンの利用手続き/ 住宅ローン相談/ 区画整理とその対策/ 土地収用とその対策/ 不動産取引業者の知識/ 登記の効力/ 登記の手続き/ いろいろな登記の実際/ 身近な紛争の解決/ 境界の問題/ 越境したままの建物/ 建築中の越境建物/ 公図と境界が違っている/ 公図は正確か/ 隣りの庭木の枝や根が越境している場合/ 塀の設置について/ 塀の保存と修繕の費用/ 境界の土留工事の費用/ 道路の問題/ 改築における通行権/ 通行地役権の時効取得/ 民法と建築基準法の規定/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク