相続分

 父の遺産相続をめぐって争いが起こっています。母がすでに死去しているため、父の財産を受継ぐべき相続人は息子である私たち三人の兄弟です。しかし、長兄は父の生前に建築資金の一部として五〇〇万円を受け、次兄も喫茶店開業資金の一部として二〇〇万円を贈与されています。
 このような贈与を一切受けていない私が、父の歿された財産について二人の兄だちと三分の一ずつを分け合うというのは不公平だと思うのですが。

スポンサーリンク

 相続分とは、相続人が数人ある共同相続の際、各相続人が相続財産に対して有する権利義務の割合、またはその割合によって取得すべき財産価値をいいます。
 相続分は、第一に被相続人の指定によって定まります(指定相続分)。相続分の指定の方法は必ず遺言によってなされなければなりません。ただし、遺留分にくい込む指定は認められません。
 遺言による相続分の指定がない場合には、各相続人は民法の規定する基準でもって相続分を取得します。これを「法定相続分」といいます。各相続人の法定相続分は次のとおりとなります。
 (1)配偶者の相続分
 配偶者の相続分は、以下で述べるように共同相続する血族相続人との関係で相続分が異なります。
 第一順位の相続人、すなわち子と共同相続する場合には、相続分は二分の一です。
 第二順位の相続人、すなわち被相続人の直系尊属と共同相続する場合には、相続分は三分の二です。
 第三順位の相続人、すなわち被相続人の兄弟姉妹と共同相続する場合には、相続分は四分の三となります。
 なお、配偶者が単独で相続する場合には、相続財産のすべてを相続します。
 (2)子の相続分
 子の相続分は均分相続です。相続人となる子が結婚したり、他人の養子になっていても、被相続人の子であることに変わりはなく、相続分に変更はありません。また、父母が離婚した後に再婚してできた子と、先妻の子との間の相続分も均等です。
 (3)直系尊属の相続分
 直系尊属の相続分は均分相続となります。例えば、被相続人が養子に行き死亡したとしましょう。この際、実の母親及び養父母が相続人となった場合には、各親は三分の一ずつを相続することになります。
 (4)兄弟姉妹の相続分
 兄弟姉妹の相続分は均分相続です。しかし、兄弟の中に父母双方を同じくする兄弟(全血兄弟)と、父母の片方だけを同じくする兄弟(半座兄弟)のある場合には、半血兄弟は全盛兄弟の二分の一となります。
 (5)代襲相続人の相続分
 被代襲者(本来なら相続人となるべき人)の相続分については、代襲相続人(被代襲者の子、孫など)が相続します。すなわち、被代襲者の相続分についてのみ、この者は代襲相続できるわけで、他の相続人と均分相続できるわけではありません。
 (6)特別受益者の相続分
 特別受益者とは、被相続人から遺贈を受ける、あるいは商売のための資金、住宅資金、大学教育費用、結婚費用などについて、他の相続人より特別の支出を受けている者をいいます。これらの受益を無視して、各相続人の相続分を均分にすることは不公平といえます。そこで、特別受益者が存在する場合には、特別受益者が受けた財産を相続財度に加算し、加算された額について各相続人の相続分に応じて計算し、特別受益者については相続財産の先渡しがあったものとして、受益分を除いた額についてのみ取得できることになっております。

冠婚葬祭
婚約の成立と解消/ 結婚の成立/ 夫婦間の法律関係/ 内縁の夫婦/ 離婚状況とその歴史/ 離婚の方法/ どのような場合に裁判で離婚が認められるか/ 協議離婚の無効と取消/ 離婚と財産関係/ 離婚と子供/ 財産分与、慰謝料は課税されるか/ 親族の範囲/ 実子とは/ 養子とは/ 親権とは/ 後見とは/ 扶養とは/ 死の判定/ 認定死亡と失踪宣言/ 位牌や遺骸などの承継/ 死後の人格権/ 相続の基本/ 相続人/ 相続分/ 遺産の分割/ 遺留分/ 寄与分制度/ 贈与・遺贈/ 遺言の方式と執行/ 戸籍の知識/ 戸籍のしくみ/ 氏と名の知識/ 国籍の取得と帰化/ 国籍の喪失/ 戸籍の訂正/ 住民登録/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク