親族の範囲

 相続などのとき、よく親族という言葉を耳にします。これは、どの範囲までを指していうのでしょうか。また、尊属、卑属の区別についてもよくわかりません。
 これらの親族関係をあらわす言葉はほかにどのようなものがあるのか、そしてそれらはどのような関係についていうのでしょうか。

スポンサーリンク

 人は、自然血縁、婚姻または養子縁組などを通じて、赤の他人とは違った一定範囲の身分関係にある人たちに囲まれて生活しています。そして、この一定範囲にある者を相互に親族と呼び、あらゆる面において他人と異なった法的取扱いを受けます。
 親族の範囲ですが、民法七二五条は次の者を親族の範囲としてあげています。
 1. 六親等内の血族
 2. 配偶者
 3. 三親等内の姻族
 これらについて、以下で説明していくことにしましょう。
 (1)直系血族と傍系血族
 父母と子、祖父母と孫のように、二人の血族のいずれか一方が他方の子孫である場合に、この二人は直系血族といいます。
 また兄弟姉妹、伯叔父母、甥姪、従兄弟姉妹などのように、双方とも父祖と子孫の関係になく、同一ないし共同の始祖から分岐した二つの親族に属する子孫である場合、たがいに傍系血族といいます。
 (2)尊属と卑属
 親族のうち自己または配偶者を基準として、尊属は、その父祖(例えば父母、祖父母)及び父祖と同じ世代にある者(例えば伯叔父母)をいい、卑属は反対にその子孫及び子孫と同じ世代にある者(例えば甥姪)をいいます。
 兄弟姉妹や従兄弟姉妹のように、自己と同じ世代にある者は尊属でも卑尊でもありません。
 (3)親等
 親等とは、親族関係の遠近を示す単位のことで、一親等は一つの親子関係(世代)を単位として計算されます。直系親族間では二人の間の世代数を数えればよく、傍系親族間では二人の共同の始祖までの世代数を数え、始祖から下るまでの世代数を合計したものとなります(民法七二六条)。
 (4)配偶者
 法律上の夫婦の一方を他方に対して配偶者といい、たとえ事実上の夫婦と認められても婚姻届が出されていない内縁の夫婦はもとより、同棲中の男女、パトロンと妾は配偶者といいません。
 (5)姻族
 夫と妻の父母・兄弟、または妻と夫の父母・兄弟のように、夫婦の一方と他方の血族との関係をさして相互に姻族といいます。
 しかし、夫の親と妻の親、あるいは兄の妻と弟の妻のような場合は、いずれも姻族とはなりません。

冠婚葬祭
婚約の成立と解消/ 結婚の成立/ 夫婦間の法律関係/ 内縁の夫婦/ 離婚状況とその歴史/ 離婚の方法/ どのような場合に裁判で離婚が認められるか/ 協議離婚の無効と取消/ 離婚と財産関係/ 離婚と子供/ 財産分与、慰謝料は課税されるか/ 親族の範囲/ 実子とは/ 養子とは/ 親権とは/ 後見とは/ 扶養とは/ 死の判定/ 認定死亡と失踪宣言/ 位牌や遺骸などの承継/ 死後の人格権/ 相続の基本/ 相続人/ 相続分/ 遺産の分割/ 遺留分/ 寄与分制度/ 贈与・遺贈/ 遺言の方式と執行/ 戸籍の知識/ 戸籍のしくみ/ 氏と名の知識/ 国籍の取得と帰化/ 国籍の喪失/ 戸籍の訂正/ 住民登録/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク