お通夜では

 お通夜は、近親、親類、また親類同様の親しい人たちを中心に行なわれますが、近ごろは、特に親しい間柄でなくても、事情で告別式に参列できない場合に、お通夜に顔出しして故人とお別れすることも見かけるようになりました。
 親しい間柄なら、お通夜、告別式とも参列しますが、判断に迷う場合は「お通夜は何日でしょうか」と聞いて、先方が「内輪でいたしますので」などと辞退されたら遠慮し、「お願いします」といわれたら伺うとよいでょう。

スポンサーリンク

 お通夜には、喪服を着て行くよりも、地味な普通の装いで伺うほうがふさわしいものです。ウールでも綿でもかまいませんが、色が地味でも、Tシャツにジーンズとか、何段ものフリルがついているドレスやスカート、また、サンドレスやノースリーブの服、光るアクセサリーも遠慮すべきです。
 明るい色の似合うあなたでも、一着くらいは、紺やグレーなど地味な色のワンピースやスーツ類を用意しておくと、こういう場合にすぐまにあって便利でしょう。お通夜のお手伝いをするためにエプロンを用意して行くときも、地昧めのものを選びます。
 男性も、ダークスーツに、ネクタイやくつ下も地昧めのものを合わせます。マドラスチェックや太いストライプなどは、場違いな感じですから控えます。
 なお、すわることの多いお通夜には、くつ下が目立つものです。男女ともに気をつけてください。
 お通夜では、すわって焼香を行なう場合が多いので、その順序を心得ておきましょう。
 あなたの番が来たら、次の人に低く「お先に」と一礼して祭壇の前に進みます。祭壇前の座ぶとんの手前にすわって、畳に手をついて遺族に目礼します。回きを変えて、僧侶に一礼します。祭壇の正面に向き直り、一礼してから、ひざで進み、座ぶとんにすわります。お香を、親指、人さし指、中指の三本の指で少々つまみ、これをちょっとおしいただいて軽く黙礼してから、しずかこ香炉に落とします。これを二、三回繰り返します。合掌し、故人の冥福を祈ります。最後に深く頭を下げて礼拝し、しずかに座ぶとんをおりて、喪主、僧侶に一礼して退きます。
線香をあげるときは、焼香と同じです。線香一本に火をつけ、炎は手であおぐか振って消します。口で吹き消すのはタブーです。
 読経がすむと、飲み物やおすし、料理を出してふるまうのがならわしです。ともに食事をすることが供養になるといわれています。少しでも食べて、故人の思い出話に耳を傾けるのがマナーです。
 なくなった人を惜しむあまりに、かかりつけのお医者や仕事仲間のわる口をいったり、故人と同年輩の人が病気一つせずに活躍している話をしたりするのは、遺族への思いやりに欠けるアンチマナーです。話題には十分注意してください。
 昔は、文字どおり夜通し、遺休のそばでなごりを惜しんだものでしたが、現在では、時刻を限って、参列者が引き揚げるのが普通です。このとき、遺族はお客の見送りに立たないのがしきたりになっていますので、心得ておきましょう。
 弔辞は、なくなったかたをしのび、冥福を祈って霊前にささげることばです。紙に書いて持参し、これを読み上げるのが普通ですが、本来は口で述べるものですから、なくなったかたに話しかける気持ちでまとめてください。
 表現で注意したいのは、忌みことばを避けることです。忌みことはというのは、重ねる意味のことばを、不幸が重なると考えて忌むもので、「かえすがえすも残念」「重ね重ねの悲報」「再び戻らない」「お気持ちを重々お察しします」など。
 「引きつづき」「また」も気にする人がありますし、仏式では、「浮かばれぬ迷い」というような表現はタブーです。
 弔辞は、巻き紙か奉書に、毛筆で書くのがしきたりで、奉書なら一枚にまとめます。近ごろはペン書きの弔辞も見かけますが、毛筆が苦手でも、筆ペンなど便利なものもあることですし、ペン書きよりは骨が折れますが、やはり巻き紙か奉書に書いたほうが気分も改まるでしょうし、あなたの経験になるでしょう。
 たたみ方は、奉書なら、まず横に二つに折ってから三つに折り、つづいて縦に二つに折ります。これを、奉書一枚を幅半分に切った半切紙で、左前に包みます。巻き紙の場合は、この外包みにはいる程度の幅に折りたたみます。
 外包みの中央に「弔辞」と書きます。
 告別式で読むときは、司式者の指示に従って霊前に進み、仏式なら、僧侶、遺族に一礼したあと、霊前に向かって、弔辞の包みを開きます。キリスト教式なら、霊前に一礼したのち、遺族に向かって弔辞を読みます。
 奉書に書いた弔辞は胸の前で開き、巻き紙に書いた弔辞は胸の前で開いて、少しずつ巻いては開きして読み上げ、長くたらさないように注意してください。読み終わったら、一礼して外包みにおさめます。
 弔辞は、元来は持ち帰るものでしたが、近ごろは祭壇にささげることが多いので、どちらにするか、前もって遺族に尋ねておきます。祭壇にささげるときは、表書きの文字を、霊前に向けておきます。

冠婚葬祭
慶事の祝い方/ パーティーに招かれたら/ パーティーでは/ 訪問のマナー/ 訪問での戸口から退出まで/ 一間でお客を迎えるとき/ 敬語のマナー/ 電話のマナー/ お見舞いのマナー/ お金のマナー/ 贈り物の贈り方、受け方、お返し/ 贈り物の包み方/ 相手に合わせて贈り物を贈る/ 花の贈り物/ 恋愛から婚約まで/ 見合いから婚約まで/ 見合い当日の心得/ いろいろな婚約の仕方/ 結納をかわすなら/ 結婚生活への心身の準備/ 結婚式と披露宴のきめ方/ 結婚披露宴招待客のきめ方/ 式服とハネムーンウェア/ 引き出物とみやげ物/ 新婚生活の準備/ 新生活での家具/ 新生活のワードローブ/ 結婚祝いの受け方/ いろいろな結婚式の仕方/ いろいろな披露宴/ 会員制祝賀パーティー/ 新婚旅行から新生活/ 新婚旅行から帰ったら/ 結婚後の新生活の人間関係/ 結婚祝いの贈り方/ 披露宴に招かれたら/ テーブルスピーチ/ 不幸を知って弔問するとき/ お通夜では/ 告別式に参列するとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク