会員制祝賀パーティー

 結婚披露宴というのは、ふたりが結婚したことを知らせるために、本人もしくは両親が主催するものです。それに対して、祝賀パーティーは、第三者が主催者となり、結婚したふたりを祝福する会です。したがって、結婚する本人たちのほうから、会費制のパーティーにする、といい出すことは本来はできません。
 会費制のパーティーをする場合は、新郎新婦の親しい友人などが発起人となり、仲人や本人の親族や友人などに呼びかけて、祝ってあげようという気持ちのある人たちを一同に集めて開くという形をとります。
 この特徴は本人たちの経済的負担が少ない割りに広範囲の人に集まってもらうことができるうえ、友人たちも祝賀会の会費を払うことでお祝い品の品選びに頭を痛めずにすむという点です。
 会の形式はディナー形式でもパーティー形式でもかまいませんし、飲食物もサンドイッチやおつまみといった簡単なパーティーでもいいでしょう。要は、どういう人たちが出席するか、どんなパーティーにしたいかによって、皆が心から祝い、楽しめる方法、形式、内容を選ぶことです。
 発起人たちにまかせっきりにしないで、新郎新婦も意見を出して、より効果のある会にしてもらいましょう。

スポンサーリンク

 参会者が入場したら、新郎新婦に介添え人(仲人でもよい)がついて入場します。主催者の代表から開会のあいさつをし、主催者もしくは仲人からふたりの結婚を報告し、簡単にふたりの略歴を報告します。前もって略歴を書いたパンフレットを配っておいてもいいでしょう。
 あとは、祝辞、乾杯、スピーチ、祝電披露、余興などを織りまぜて、なごやかな会にします。最後に祝ってもらった本人ふたりから、主催者、参会者にお礼のあいさつを述べ、主催者からも参会者に謝辞を述べてお開きにします。
 お開き後は、新郎新婦、介添え人、両親、主催者が参会者を見送ります。
 会費制のパーティーの場合、出席する人は会費を払うことでふたりへの祝意をあらわしていますので、お祝いを贈る必要はありません。しかし、特に何かと思ったら簡単な記念品を贈るか、当日の会費のほかにご祝儀を包むとか、パーティーの酒を寄贈するとかしてもいいでしょう。新郎新婦側は招かれて出るのですから、両親ともども会費は払いませんが、お礼心をあらわしたければ、当日の飲み物の代金を払うとか、引き出物を出すという方法もあります。少なくとも発起人たちには、あとから新居に招くなどしてお礼の気持ちを届けましょう。
 着慣れない式服に身を包みますと、ただでさえ緊張している体がぎこちなくなってしまいます。せっかくの晴れの姿を優雅に見せるには、ゆったりとした気分で、動作はスローテンポに、必要最小限の動きにとどめます。
 和装の場合は、前もってふだんのきもので歩き方などに慣れておくことも必要です。
 当日は、介添え人にいっさいまかせる気分でいればいいのですが、視線をキョトキョト動かさないこと。式のときは正面に、披露宴ではあいさつしてくださるかたのほうに顔を向け、祝いのことばを心から受ける気持ちになることです。
 食事は色直し後、食べやすいものを適宜いただきましょう。じっと下を向いている花嫁は現代的ではありません。ただし、祝辞の間は手を休め、はじめと終わりは頭を下げることも忘れずに。
 洋装のときのブーケは、式場では介添え人か仲人夫人に預けますが、披露宴場では自分の前のテーブル上においておきます。手袋は、式場では指輪交換の前にはずし、これも介添え人か仲人夫人に預けます。長い手袋の場合は、左手薬指の脇の糸をほどいておき、指だけ出せるようにします。披露宴では、ケーキ入刀に立つときに手袋をはずし、そのあとは食事にはいりますから、お見送りに立つまでつける必要はありません。
 司会者に最も適しているのは、新郎新婦共通の友人で、家族とも面識のある人、そして、ふたりの結婚を心から祝福して、一肌脱ごうというような友だちです。学校時代の友人でも職場の同僚でもいいのですが、来客の顔ぶれがどちらの側が多いかによって、面識の多い人がいいでしょう。司会はかなり重労働ですから、上司、先輩に頼むのは失礼になります。親族の中では、いとこなどならいいでしょう。
 司会を引き受けてくれたら、新郎新婦はもちろんですが、両親やきょうだいとも会ってもらい、家庭状況なども知っておいてもらうといいでしょう。また、仲人とも打ち合わせをしてもらいます。
 司会のあり方一つで、その披露宴のムードが変わりますから、どういう形、ふんいきにしたいか、たとえば多少格式張っているほうがいいとか、和気あいあいがいいとか、ざっくばらんに皆の希望を述べて、ふたりの結婚までのいきさつや周囲の状況なども心得ておいてもらい、来客の顔ぶれも知らせ、参考にしてもらいます。
 基本線がきまったら、あとは司会者の腕にまかせましょう。

冠婚葬祭
慶事の祝い方/ パーティーに招かれたら/ パーティーでは/ 訪問のマナー/ 訪問での戸口から退出まで/ 一間でお客を迎えるとき/ 敬語のマナー/ 電話のマナー/ お見舞いのマナー/ お金のマナー/ 贈り物の贈り方、受け方、お返し/ 贈り物の包み方/ 相手に合わせて贈り物を贈る/ 花の贈り物/ 恋愛から婚約まで/ 見合いから婚約まで/ 見合い当日の心得/ いろいろな婚約の仕方/ 結納をかわすなら/ 結婚生活への心身の準備/ 結婚式と披露宴のきめ方/ 結婚披露宴招待客のきめ方/ 式服とハネムーンウェア/ 引き出物とみやげ物/ 新婚生活の準備/ 新生活での家具/ 新生活のワードローブ/ 結婚祝いの受け方/ いろいろな結婚式の仕方/ いろいろな披露宴/ 会員制祝賀パーティー/ 新婚旅行から新生活/ 新婚旅行から帰ったら/ 結婚後の新生活の人間関係/ 結婚祝いの贈り方/ 披露宴に招かれたら/ テーブルスピーチ/ 不幸を知って弔問するとき/ お通夜では/ 告別式に参列するとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク