結婚祝いの受け方

 婚約がととのい、結婚披露宴の招待状を発送するころになりますと、お祝い品が届けられるでしょう。
 かつては、吉日の午前中に、衣服をととのえてお祝い客が見えたものですが、最近の都会では、そこまでていねいにする人は少なくなりました。とはいっても、仲人さんや親しいかた、ていねいなかたならしきたりに沿って直接お見えになることもあります。
 お祝い客が見える予定の日は、外出せずに、衣服をととのえ、玄関、座敷も掃き清めてお待ちします。お客さまが見えたら座敷に通し、ごあいさつ七ます。両親も在宅なら、同席してもらいましょう。
 先方がお祝いの口上を述べられるときは、こちらも座ぶとんからおり(洋室ならいすから立つ)、ていねいにお礼のことばを述べます。お祝い品を出されたら、もう一度「ごていねいにありがとうございます」などとお礼のあいさつを述べ、両手でちょうだいして、床の間とかサイドボードの上などにおさめます。結納品を飾ってあれば、その前などに並べます。品物だけとか片木盆にのっているだけなら、そのままいただいて飾っておけばいいのですが、広蓋など塗りのお盆やよくさがかかったまま出されたときは、品物だけをおさめ、お盆、ふくさは脇においておき、お帰りがけにお返しします。
 このとき、地方によっては和合紙か懐紙を盆に入れて返したり、返礼セットといわれる和合紙に祝儀をのせて返す習慣もあります。そうした地域では、部屋から下がるときにお盆やふくさをいったん奥に持ってはいり、お帰りぎわに、お返し品をのせてさし出します。一般には、結婚祝いに関してはこうしたお移りはしないものです。

スポンサーリンク

 おもてなしは、祝い事らしく桜湯と干菓子などを出すとか、お茶にこだわらなければ、普通のお茶とお菓干のおもてなしでもかまいません。お茶人なら当然お茶をたてて出します。
 また、親しい友人などなら、形式は形式として、あとは親しく歓談をするなり、会食するなり、娘時代の残り少ない時間を思う存分、友人との語らいにかけてもいいでしょう。
 お祝いを直接持参せず、自宅に託送してきたり、他人がことづてを頼まれて持参した場合は、さっそくお礼状を出します。ハガキでけっこうですから、いつ受けとったかという報告とともに、喜びを具体的に表現してお礼の気持ちを伝えましょう。親しい人なら電話でもいいですが、上司などへは手紙にすることです。
 贈られたお祝い品は、包みをあけ中身を見たらまたもとどおりに包み直して、結納品とともに飾っておきます。現金の場合は中だけ出して金包みを飾ります。そのとき、片木盆や広蓋、なければふくさを敷いてその上におくようにします。荷物送りまではそのまま飾っておいて、荷物とともに新居に運びましす。
 贈られた金品についてメモをとっておくと記念にもなり便利です。だれから何を、というように氏名と品名を記帳しておきます。
 お祝いをいただいたかたへは、お返しをする習慣がありますが、最近は、披露宴にお招きしたかたへは省く傾向にあり、出席していただけなかったかた、お招きしなかったかただけに「内祝」としてお返しの品を贈ります。
 金額はいただいた品の半額程度が普通で、目上にはやや薄く、目下に厚くするのがエチケットです。品物は先方に合わせるのがよく、ご年輩のかたへは、かつお節やタオルケット、毛布、漆器、テーブルクロスなど。若い家庭なら、しやれた家庭用品とか紅白砂糖、せっけんなどでもいいでしょう。酒、嗜好品なども使われます。
 時期は、挙式後一月以内くらいに届けるもので、親戚や直接の上司、ご近所などへは、あいさつに伺いがてら持参するのがよく、ほかのかたへは託送してもいいでしょう。ただし、必ずあいさつ状にその旨記入して、別便で送ります。
 のし紙は紅白十本の結びきり。表書きは「内祝」で、名は新しい姓名を書きます。本未はふたりへのお祝いですから、夫妻の名を連記するといいでしょう。

冠婚葬祭
慶事の祝い方/ パーティーに招かれたら/ パーティーでは/ 訪問のマナー/ 訪問での戸口から退出まで/ 一間でお客を迎えるとき/ 敬語のマナー/ 電話のマナー/ お見舞いのマナー/ お金のマナー/ 贈り物の贈り方、受け方、お返し/ 贈り物の包み方/ 相手に合わせて贈り物を贈る/ 花の贈り物/ 恋愛から婚約まで/ 見合いから婚約まで/ 見合い当日の心得/ いろいろな婚約の仕方/ 結納をかわすなら/ 結婚生活への心身の準備/ 結婚式と披露宴のきめ方/ 結婚披露宴招待客のきめ方/ 式服とハネムーンウェア/ 引き出物とみやげ物/ 新婚生活の準備/ 新生活での家具/ 新生活のワードローブ/ 結婚祝いの受け方/ いろいろな結婚式の仕方/ いろいろな披露宴/ 会員制祝賀パーティー/ 新婚旅行から新生活/ 新婚旅行から帰ったら/ 結婚後の新生活の人間関係/ 結婚祝いの贈り方/ 披露宴に招かれたら/ テーブルスピーチ/ 不幸を知って弔問するとき/ お通夜では/ 告別式に参列するとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク