式服とハネムーンウェア

 一生に一度しか着ることのない花嫁衣装ですから、何を着ようかと思い迷うのは当然のことです。とにかくきめ手はその日あなたが最高に美しくチャーミングなお嫁さんになることでしょう。それには、次の点を考慮して衣装選びをしてください。
 第一は、自分に最も似合う衣装。清楚さが身上か、かわいらしさか、あるいははなやかさかといったことで、衣装の持つ個性が自分の個性にマッチするものを考えます。
 第二は、式場、披露宴場の広さ、ふんいきに合ったもの。クラシックかモダンか、そして広い宴会場なら、それでも引き立つ豪華な衣装が必要ですが、逆に小規模でなごやかなふんいきの披露宴なら、あまり豪華な衣装ではお嫁さんだけ浮き上がってしまいます。
 第三は、招待客の顔ぶれ、披露宴のあり方に合わせます。格調高い披露宴で来賓の顔ぶれもそうそうたるメンバーなら、衣装も格調高くし、質素に実質的な会をしたいなら、衣装もそれに合わせます。
 第四は、新郎とのつりあい。身長や体格など、外形的なバランスも必要ですし、持っているふんいきとの調和もたいせつです。童顔の新郎に、おとなびたムードの花嫁が連れ添うのではあまりいいつりあいではないでしょうし、その逆も同じです。ふたりが互いに相手のよさを強調し合ってこそ、幸せな花婿花嫁の姿なのです。
 第五は、予算です。衣装だけで結婚費用に赤字を出すのはナンセンスです。全体とのバランスを考えて、先に予算をきめ、その範囲で最高に効果のある衣装をきめることです。もっとも、衣装については予算をかけたからといって、必ずしも効果があがるとは限りません。やはり、似合うこと、つりあいのいいことを第一に考えるべきなのです。

スポンサーリンク

 和装の場合は、打ちかけか振りそでが花嫁の衣装ですが、式服には打ちかけを、色直しに振りそでを着るのが最近の傾向です。和装の場合は、柄ゆき、色づかいで感じが異なり、古典的な柄や色づかいのほうが格調高く、モダンな花柄、洋風な色づかいのほうがくだけてきます。白むくは女性のあこがれでもありますが、着こなしがむずかしく、美粧、着つけにもコツがいります。
 洋装なら白のウエディングドレスが式服。再婚の場合に限り色物を使う傾向ですが、最近は部分的に色を使ったり、アイボリーなどのウエディングドレスも見られます。デザイン、素材で全く感じが異なりますので、どんなムードの姿にしたいかを考えながら似合ったものを選ぶことです。色直しのドレスは色物を使うのが一般的。ピンク、サックス、クリームなどの淡い色が無難です。白の場合は部分的に色をあしらうか、アクセサリーに色を使います。
 真夏の結婚式とか、海外で挙式して、披露だけ簡単にする、などという場合は平服を用いることもあります。そのおりは、招待客にも平服で、とことわります。
 平服といっても、全くのふだん着や遊び着ではなく、略礼装程度にします。たとえば、白のスーツとか普通たけのワンピース、あるいは明るい無地のドレッシーなドレスにして、花嫁らしく短いヘッドドレスをつけてもいいでしょう。和服なら無地のきもの、つけさげ、友禅などの中振りなどが適します。新郎は黒か紺の上下そろいの背広に略礼装用のタイをします。
 貸衣装を借りるには、挙式前一〜二カ月ころに予約をします。もっとも、貸し衣装店や各式場では、シーズンにさきがけて内見会を催すことがありますから、そのときを利用すると、多くの衣装を比較できて品選びしやすいものです。
 はじめに予算とだいたいの好みをいって、いろいろな衣装を実際に着てみましょう。そしてだんだん自分に似合ったものに近づけていきます。近くからだけでなく、離れた所からも、だれかに見てもらうといいでしょう。当日はなるべくはでな化粧をし、衣装にくわしい人に同行してもらうことです。
 旅先と日程に合わせて、どんな衣類が必要か計画を立てます。全くの物見遊山なら、普通の旅行着と同様に考えればいいのですが、途中で墓参をするとかあいさつ回りも兼ねるなら、それなりの改まった服装も用意し、宿泊がホテルの場合は、ディナードレスなどもほしいところです。
 ハネムーンといっても旅行には変わりないのですから、ドレッシーな服装ではなく、機能的なアンサンブル、パンタロンスーツなどを中心にして、ブラウス、シャツ、スカートなどをうまく組み合わせるようにするとよいでしょう。そのほうが、気温の変化にも応じやすいのです。
 できれば、旅館でのくつろぎ着としてラウンジウェアやロングスカートを用意したり、寝巻き、ガウンなども持っていくと便利です。

冠婚葬祭
慶事の祝い方/ パーティーに招かれたら/ パーティーでは/ 訪問のマナー/ 訪問での戸口から退出まで/ 一間でお客を迎えるとき/ 敬語のマナー/ 電話のマナー/ お見舞いのマナー/ お金のマナー/ 贈り物の贈り方、受け方、お返し/ 贈り物の包み方/ 相手に合わせて贈り物を贈る/ 花の贈り物/ 恋愛から婚約まで/ 見合いから婚約まで/ 見合い当日の心得/ いろいろな婚約の仕方/ 結納をかわすなら/ 結婚生活への心身の準備/ 結婚式と披露宴のきめ方/ 結婚披露宴招待客のきめ方/ 式服とハネムーンウェア/ 引き出物とみやげ物/ 新婚生活の準備/ 新生活での家具/ 新生活のワードローブ/ 結婚祝いの受け方/ いろいろな結婚式の仕方/ いろいろな披露宴/ 会員制祝賀パーティー/ 新婚旅行から新生活/ 新婚旅行から帰ったら/ 結婚後の新生活の人間関係/ 結婚祝いの贈り方/ 披露宴に招かれたら/ テーブルスピーチ/ 不幸を知って弔問するとき/ お通夜では/ 告別式に参列するとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク